スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このミステリーがすごい!(2019年度版)

12 22, 2018
このミステリーがすごい! 2019年版
『このミステリーがすごい!』編集部
宝島社 2018-12-11

元祖、ミステリー&エンターテインメント・ランキングBOOKの決定版、30周年号。
絶大な信頼を誇る2018年の国内&海外新作ミステリー小説ランキング・ベスト20をはじめ、
この30年間の『このミス』1位の中から1位を選ぶ「キング・オブ・キングス」も発表。
超人気作家による自身の新刊情報&特別エッセイなど、人気コンテンツも充実の一冊。

海外編、国内編別にTOP10をご紹介。
read more ≫
スポンサーサイト

本格ミステリ・ベスト10(2019年度)

12 15, 2018
2019本格ミステリ・ベスト10
探偵小説研究会
原書房 2018-12-6

特集は「この作品を愛してやまない俺の偏愛ミステリ」。
作家・評論家を中心に偏愛ぶりをアンケート。
インタビューは似鳥鶏さん、白井智之さん。今最も勢いのある若手作家のおふたりです。
もちろん1年間のベスト本格ランキングは年末読書案内に外せません。

海外編、国内編別にTOP10をご紹介。
read more ≫

『カササギ殺人事件』/アンソニー・ホロヴィッツ

12 11, 2018



カササギ殺人事件〈上〉 (創元推理文庫)
カササギ殺人事件〈下〉 (創元推理文庫)
アンソニー・ホロヴィッツ
東京創元者 2018-9-28
自己評価:

1955年7月、サマセット州にあるパイ屋敷の家政婦の葬儀が、しめやかに執りおこなわれた。その死は、小さな村の人間関係に少しずつひびを入れていく。名探偵アティカス・ピュントの推理は―。『カササギ殺人事件』の原稿を読んで激怒した編集者のわたしを待っていたのは、予想だにしない事態だった――。夢中になって読むこと間違いなし、これがミステリの面白さの原点。
  • 第一位『このミステリーがすごい!』(2019)
  • 第一位『週刊文春ミステリーベスト10』(2018)
  • 第一位『本格ミ ステリ・ベスト10』(2019)
  • 第一位『このミステリーがすごい!』(2019)
read more ≫

週刊文春2018ミステリーベスト10

12 09, 2018
冬の風物詩、週刊文春によるミステリーベスト10。
42回目を迎える今年は、国内では大人気シリーズの新作が、
海外ではアガサ・クリスティを彷彿とさせる英国ミステリが栄冠に輝いた。

作品名+作家名のみで、海外・国内とご紹介。
read more ≫

ミステリが読みたい!(2019年版)

12 08, 2018
ミステリマガジン 2019年 01 月号 [雑誌]
早川書房

今年もミステリ・ランキングの季節がやってまいりました。
《ミステリマガジン》企画、「ミステリが読みたい! 2019年版」
書評家、作家、翻訳家、書店員といったミステリのプロフェッショナルが、
海外作品・国内作品のベスト10を選出。その集計結果をランキングに。
お気に入りの1冊を探す参考にしていただけたら幸いです。

海外編、国内編別にTOP10をご紹介。
read more ≫
CATEGORY
TAG CLOUD
COMMENTS
TRACKBACKS
TRACKBACK PEOPLE
LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。