『レイトショー』/マイクル・コナリー

05 19, 2020
レイトショー(上) (講談社文庫)
レイトショー(下) (講談社文庫)
マイクル・コナリー​
講談社文庫 2020-2-14​
自己評価:

ロス市警女性刑事レネイ・バラードは上司とぶつかりハリウッド分署深夜勤担当刑事に。ある夜、女装男性が酷い暴行を受け、昏睡状態に。独自捜査を進めるバラードだが、同夜ナイトクラブでの銃撃事件に駆り出される。ロス市警内部の闇と闘い、身の危険にさらされながら二つの事件の真相に辿り着く。邪悪極まりない男たちに敢然と立ち向かうタフで優しき女性刑事の姿に胸が熱くなる新警察小説。
read more ≫

『55』/ジェイムズ・デラーギー​

05 01, 2020

55 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ジェイムズ・デラーギー​
早川書房 2019-12-19​
自己評価:

ヒッチハイク中に薬を呑まされ誘拐・監禁されたというふたりの話はそっくり同じだった。どちらがシリアル・キラーなのか? チャンドラーは大事件になる可能性を考え本部のミッチに連絡せざるをえなくなる。現在は上司という立場のミッチはチャンドラーの幼馴染で同僚だった。チャンドラーの脳裏には10年前にミッチと共に行方不明者を捜索したときの記憶が蘇る。​
read more ≫

『サイコセラピスト』/アレックス・マイクリーディーズ

01 20, 2020
サイコセラピスト (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
アレックス・マイクリーディーズ
早川書房 2019-9-5
自己評価:

抑圧的な父親のもとで育ち、苦しんだセオ。自分と似た境遇の人々を救いたいと願う彼は心理療法士になった。順調にキャリアを重ねるうち、彼はずっと気になっていた6年前の殺人事件の犯人――夫を射殺した画家――を収容する施設の求人広告を目にする。事件以降ずっと沈黙している彼女の口を開かせることができるのは、僕しかいない。そう思ったセオは、彼女の担当に志願するが……。巧みなプロットと戦慄のラストに圧倒される傑作ミステリ。
read more ≫

『ミレニアム6 死すべき女』/ダヴィド・ラーゲルクランツ

01 10, 2020
ミレニアム 6 上: 死すべき女
ミレニアム 6 下: 死すべき女
ダヴィド・ラーゲルクランツ
早川書房 2019-12-4
自己評価:

双子の妹にして宿敵カミラとの対決の後、ドラゴン・タトゥーの女リスベット・サランデルは完全に姿を消していた。だが、ミカエルには彼女を再び探す理由が!……。リスベットを待ち受ける、人生最大にして最悪の試練! 世界を揺るがせた六部作、ここに終幕!
read more ≫

このミステリーがすごい!(2020年度版)

12 21, 2019
このミステリーがすごい! 2020年版
『このミステリーがすごい!』編集部
宝島社 2019-12-11

元祖、ミステリー&エンターテインメント・ランキングBOOKの決定版。
絶大な信頼を誇る2019年の国内&海外新作ミステリー小説ランキング・ベスト20をはじめ、
作家生活50年、最前線で活躍するミステリー界のレジェンド対談(皆川博子×辻真先)、
超人気作家による自身の新刊情報&特別エッセイなど、人気コンテンツも充実の一冊。

海外編、国内編別にTOP10をご紹介。
read more ≫
CATEGORY
TAG CLOUD
COMMENTS
TRACKBACKS
TRACKBACK PEOPLE
LINKS