TAG : コージー

4150018499記者魂
ブルース・ダシルヴァ
早川書房 2011-07-08
自己評価:ゴミ

マリガンはしがない地方紙記者。ある日、古い住宅ひしめく一画で連続放火事件が発生。子どもたちや、幼馴染の消防士も命を落とした。絶対に犯人を捕まえてやると意気込み、取材に奔走するマリガン。しかしただの放火魔の犯行とは思えぬ状況になってきた。この故郷でいったい何が起きているのか? アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀新人賞受賞。
4488220037ディーン牧師の事件簿
ハル・ホワイト
東京創元社 2011-01-08
自己評価:普通

屋敷を相続した五人兄弟を襲う“足跡のない”連続殺人、密室状態のアパートから消えた狙撃者、教会で行われた聖餐式の最中の毒殺…元牧師の名探偵ディーン先生が六つの難事件に挑む、不可能犯罪連作短編集。

  • 第五位『本格ミステリ・ベスト10』(2012)
4863321503ピザマンの事件簿 デリバリーは命がけ
L ・T ・フォークス
ヴィレッジブックス 2009-05-20
自己評価:秀作

テリーは腕のいい大工だったが、暴力沙汰で刑務所入り。出所したところで金も仕事もなく、今じゃ屋根裏部屋で居候暮らし。やむなく近くのピザ店「カーロ」でデリバリーの仕事に就く。個性派揃いの店の従業員に助けられ、テリーが自分の生活を取り戻しはじめた矢先、嫌われ者の同僚が店の駐車場で刺殺された。前科のせいで容疑者扱いされるテリー。明らかにもっとあやしい人物がいるのにもかかわらず、だ。一向に進まない警察の捜査に業を煮やしたテリーと仲間たちは、自分たちで犯人探しを始めるが…。小さな田舎町を舞台にした働く男たちのミステリー。
4334926681おさがしの本は
門井慶喜
光文社 2009-07-18
自己評価

簡単には、みつかりません。この迷宮は、深いのです。
生まじめでカタブツの図書館員が、お手伝いいたします。極上の探書ミステリー。
4575236594六つの手掛り
乾 くるみ
双葉社 2009-04
自己評価

雪野原に立つ民家で、初めて会った者同士が一夜を過ごし、翌朝、死体発見(『六つの玉』)。大学の補講中、マジック好きな外国人教授が死んだ、ESPカード殺人事件(『四枚のカード』)。特注の掛軸は、凝ったイタズラが大好きな、地方の名士がが殺された謎を知っている(『二枚舌の掛軸』)──見た目は「太ったチャップリン」!? 林茶父が、今日もどこかで事件解決。
4334925936ラットマン
道尾 秀介
光文社 2008-01-22
自己評価
  • 第二位『本格ミステリ・ベスト10』(2009)
  • 第四位『週刊文春ミステリーベスト10』(2008)
  • 第六位『ミステリが読みたい!』(2009)
  • 第十位『このミステリーがすごい!』(2009)

姫川はアマチュアバンドのギタリスト。高校時代に結成、細々と続けて14年になり、メンバーのほとんどは30歳を超え、姫川の恋人・ひかりが叩いていたドラムだけが、彼女の妹・桂に交代した。ある冬の日曜日、練習中にスタジオで起こった事件が、姫川の過去の記憶を呼び覚ます。──事件が解決したとき、彼らの前にはどんな風景が待っているのか。

440853529X腕貫探偵、残業中
西澤 保彦
実業之日本社 2008-04-18
評価

立て籠もり? 偽装殺人? 詐欺? 轢き逃げ? などなどさまざまな事件も、人間関係をほぐされていくと意外にも…。あっけらかんとプライベートな秘密に迫る、嫌味なまでに冷静沈着な腕貫男は神出鬼没なくせに、杓子定規な市民サーヴィス課苦情相談係。そんな腕貫男を慕うエキセントリックな彼女は食いしん坊。オフタイムの腕貫のもとへ難題を持ち込むのだが…。軽妙な筆致でユーモラスに描く、西澤ワールド炸裂の連作ミステリ六編。
4562040963道具屋殺人事件──神田紅梅亭寄席物帳
愛川 晶
解説・鈴々舎わか馬
原書房 2007-08-23
評価

高座の最中に血染めのナイフがあらわれる、後輩は殺人の疑いをかけられる、妻の知り合いは詐欺容疑……。次から次へと起こる騒動に、二つ目、寿笑亭福の助が巻き込まれながらも大活躍。落語を演じて謎を解く、一挙両得の本格落語ミステリ。
4488219020毒杯の囀り
ポール・ドハティー
東京創元社 2006-09-30
評価
  • 第十位『本格ミステリ・ベスト10』(2008)

1377年、ロンドン。富裕な貿易商トーマス・スプリンガル卿が、邸の自室で毒殺された。下手人と目される執事は、屋敷裏で縊死していた。トーマス卿の部屋の外は、人が通れば必ず“歌う”、通称“小夜鳴鳥の廊下”。この廊下を歩いた者は、執事ただひとりなのだが…。難事件に挑むは、酒好きのクランストン検死官とその書記、アセルスタン修道士。中世謎解きシリーズ、堂々の開幕。
4488017266配達あかずきん
大崎 梢
東京創元社 2006-05-20
自己評価

「いいよんさんわん」―近所に住む老人に頼まれたという謎の探求書リスト。コミック『あさきゆめみし』を購入後、失踪した母の行方を探しに来た女性。配達したばかりの雑誌に挟まれていた盗撮写真…。駅ビル内の書店・成風堂を舞台に、しっかり者の書店員・杏子と、勘の良いアルバイト店員・多絵のコンビが、さまざまな謎に取り組んでいく。初の本格書店ミステリ、第一弾。
4488402143亜愛一郎の狼狽
泡坂 妻夫
東京創元社 1994-08
自己評価

雲や虫など奇妙な写真を専門に撮影する青年カメラマン亜愛一郎は、長身で端麗な顔立ちにもかかわらず、運動神経はまるでなく、グズでドジなブラウン神父型のキャラクターである。ところがいったん事件に遭遇すると、独特の論理を展開して並外れた推理力を発揮する。作家・泡坂妻夫のデビュー作「DL2号機事件」など全8話を収録した。
4488013732ママ、嘘を見抜く
ジェームズ ヤッフェ
東京創元社 1997-07
自己評価

三年に一度の地方検事選挙を控え、町はなにかと騒がしい。そんなある日、デイヴたちは殺人容疑をかけられたホームレスの弁護を引き受ける。彼の話はあまりにもうさんくさく、とても勝ち目があるとは思えなかった。しかし、ママの推理は選挙の行方をも左右する、思いも寄らぬ事実を明らかにしていくのだった。シリーズ第四弾。
4488103170ママは眠りを殺す
ジェームズ・ヤッフェ
東京創元社 1997-11
自己評価

舞台は『マクベス』第三幕第三場、バンクォー暗殺の場面にさしかかっていた。刺客の凶刃に倒れるバンクォー。迫真の演技と思いきや、その役者は本当に刺し殺されていた。大勢の観客の見守る中、大胆不敵な犯行を成し遂げた“第三の刺客”の正体は? ママの推理は錯綜する謎を見事に解き明かしていく。本格好きに捧げる一冊。
4488103162ママのクリスマス
ジェームズ・ヤッフェ
東京創元社 1997-04
自己評価

いかにクリスマスだとはいえ、連日深夜までお祭り騒ぎをしてもよい、ということはないだろう。教会の騒音に悩む老夫婦は困り果て、ラビの勧めに従って、デイヴたちのところへ相談にやってきた。これが謎のダイイング・メッセージとユダヤ人差別を巡る難事件の幕開けだったのだ! 黄金時代を思わせるママの鮮やかな名推理!
4488103154ママ、手紙を書く
ジェームズ・ヤッフェ
東京創元社 1997-01
自己評価

警察が悩む難事件も、ママにかかっては子供の遊びも同然だった。なにしろ、家で話を聞いているだけで、事件を解決してしまうのだから。そんなママが、西部に引っ越したデイヴを訪ねて、はるばるブロンクスからやってきた。そこに発生した助教授殺し。悩むデイヴの前にママは名推理を披露する。安楽椅子探偵の代表の一人とされる、あのママが帰ってきた!新シリーズ第一弾。
4150012873ママは何でも知っている
ジェイムズ・ヤッフェ
早川書房 1979-01
自己評価

毎週金曜日にブロンクスのママの家で開かれる夕食会は、殺人課刑事のデイビッドにとっては貴重な夜だ。なにしろママときたら、警察を何週間もきりきりまいさせている難事件を、話を聞いただけでいとも簡単に解決してしまうのだから――安楽椅子探偵〈ブロンクスのママ〉登場。表題作ほか七篇の本格ミステリ短篇を収録。
CATEGORY
TAG CLOUD
COMMENTS
TRACKBACKS
TRACKBACK PEOPLE
LINKS