TAG : スパイ

灰色の密命(上) 1919年三部作 2
灰色の密命(下) 1919年三部作 2
ロバート・ゴダード
講談社 2017-03-15
自己評価:

ドイツのスパイ網指揮者レンマーを陥れるべく二重スパイとなったマックスは、ドイツ軍艦から極秘ファイルの回収を命じられる。レンマー打倒の材料となる極秘ファイルの解読を試みるマックスらに立ちはだかる意外な刺客。レンマーのスパイ網は身内にも張り巡らされていた。一方、日本代表団の新たな代表となった戸村伯爵とその息子が、マックスらの行く手を阻む。ゴダードが紡ぐ壮大なスケールの国際諜報戦、いよいよ佳境へ。

謀略の都(上) 1919年三部作①
謀略の都(下) 1919年三部作①
ロバート・ゴダード
講談社 2017-01-13
自己評価:

1919年春。講和条約締結のため各国代表団がパリで協議を進めるなか、英国の外交官が謎の死を遂げた。元空軍パイロットの次男マックスは父の知人らの協力を得て解明を進めるが、ドイツのスパイ網指揮者の存在が浮上してほどなく、命の危険に晒されてしまう。第一次大戦後の混沌を生きるスパイ小説新シリーズ、いよいよ開幕。
ラスト・ワルツ
柳 広司
KADOKAWA/角川書店 2015-01-16
自己評価:

疾走する特急車内。「スパイ殺し」を目的としたソ連の秘密諜報機関“スメルシュ"に狙われるD機関の諜報員を描く「アジア・エクスプレス」他二篇。世界各国で展開する"究極の騙し合い"に生き残れ。日本最高峰のスパイ・ミステリ。
〔1〕 名前のない男たち
〔2〕ダーク・ウィンター
〔3〕 遠くの敵
テリー・ヘイズ
早川書房 2014-08-22
自己評価:

アメリカの諜報組織に属する十万人以上の諜報員を日夜監視する極秘機関。この機関に採用された私は、過去を消し、偽りの身分で活動してきた。あの9月11日までは……引退していた男を闇の世界へと引き戻したのは〈サラセン〉と呼ばれるたった一人のテロリストだった。彼が単独で立案したテロ計画が動きはじめた時、アメリカは名前のない男にすべてを託す。巨大スケールと比類なきスピード感で放つ、超大作サスペンス開幕。
  • 第四位『このミステリーがすごい!』(2015)
  • 第七位『週刊文春ミステリーベスト10』(2014)
ツーリストの帰還(上)
ツーリストの帰還(下)
オレン・スタインハウアー
早川書房 2013-11-08
自己評価:

「ツーリスト」それはCIAが世界中に秘密裏に放った凄腕のエージェント。元ツーリストのミロは、刑務所から釈放されると元の職場に復帰。忠誠心に疑念を抱く上層部は、苛酷なテストを用意した。彼の娘と同じ年頃の移民の少女の殺害。激しく葛藤するミロだが、課題をクリアせねば信頼は得られない。『ツーリスト 沈みゆく帝国のスパイ』の待望の続篇。
404101073X4041010748三秒間の死角 上 (角川文庫)
三秒間の死角 下 (角川文庫)
アンデシュ・ルースルンド
&ベリエ・ヘルストレム
角川マガジンズ 2013-10-25
自己評価:

犯罪組織の中枢にまで潜り込んだ潜入捜査員パウラ。組織に与えられた任務は、刑務所内に麻薬密売の拠点を作ることだった。政府上層部のお墨付きを得たパウラは、ライバル業者を蹴落として商売を始めた。だが、パウラの正体を知らないまま、殺人事件を捜査するグレーンス警部の追及の手が迫るのを知った政府上層部は非情な決断を下す…。
  • 第十位『ミステリが読みたい!』(2015)
ファイナル・ターゲット (上)
ファイナル・ターゲット (下)
トム・ウッド
早川書房 2013-03-22
自己評価:

プロの暗殺者ヴィクターはCIAからの仕事を引き受けている。次の暗殺はベラルーシで決行されることになった。だが、そこに謎の勢力が介入し、事態は複雑な様相を呈してくる。そんな折り、CIAは最後のターゲットをヴィクターに告げ、仕留めれば自由の身になると確約する。だが、彼には知る由もなかった――背後でCIAが巧妙かつ大がかりな陰謀を密かに進行させていたことを。『パーフェクト・ハンター』に続く冒険アクション巨篇。
ジャッカルの日
フレデリック・フォーサイス
角川書店 1979-06-10
自己評価:

暗号名ジャッカル──ブロンド、長身、ひきしまった体躯のイギリス人。プロの暗殺屋であること以外、本名も年齢も不明。警戒網を破りパリへ…標的はドゴール。計画実行日“ジャッカルの日”は刻々と迫る。
太陽は動かない
吉田 修一
幻冬舎 2012-04-25
自己評価:

新油田開発利権争いの渦中で起きた射殺事件。AN通信の鷹野一彦は、部下の田岡と共に背後関係を探っていた。商売敵のデイビッド・キムと謎の美女AYAKOが暗躍し、ウイグルの反政府組織による爆破計画の噂もあるなか、田岡が何者かに拉致された……。いったい何が起きているのか。陰で糸引く黒幕の正体は?
4041101387パラダイス・ロスト
柳 広司
角川書店 2012-03-24
自己評価:普通

異能のスパイを率いる“魔王”結城中佐。その知られざる過去が、ついに暴かれる―『追跡』。豪華客船を舞台にしたシリーズ初の中篇「暗号名ケルベロス」を含む全5篇。 世界各国、シリーズ最大のスケールで繰り広げられる白熱の頭脳戦。究極のスパイミステリ。
41504124994150412502パーフェクト・ハンター (上)
パーフェクト・ハンター (下)
トム・ウッド
早川書房 2012-01-25
自己評価:普通

プロの暗殺者ヴィクターは、依頼どおりに標的の男を射殺し、男が持っていたフラッシュメモリーを奪った。だがその時から彼は殺し屋に襲われ始める。彼は知らなかったが、フラッシュメモリーにはロシアの軍事機密が記録されており、CIAがそれを受け取るはずだった。ヴィクターは殺し屋を次々と倒し、自分の命を狙う者が誰なのか突き止めようとする。やがて彼は暗殺の仕事を仲介する人物に会い、意外な事実を知る。
4163809406007 白紙委任状
ジェフリー・ディーヴァー
文藝春秋 2011-10-13
自己評価:普通

緊急指令が発せられた。それを受けた男の名はジェームズ・ボンド、暗号名007。ミッション達成のためにはいかなる手段も容認する白紙委任状が彼に渡された。攻撃計画の鍵を握る謎の男アイリッシュマンを追ってボンドはセルビアに飛ぶが、精緻な計画と臨機応変の才を持つアイリッシュマンはボンドの手を逃れ続ける。

  • 第四位『週刊文春ミステリーベスト10』(2011)
41021693504102169369エージェント6(シックス)〈上〉
エージェント6(シックス)〈下〉
トム・ロブ スミス
新潮社 2011-08-28
自己評価:普通

運命の出会いから15年。レオの妻ライーサは教育界で名を成し、養女のゾーヤとエレナを含むソ連の友好使節団を率いて一路ニューヨークへと向かう。同行を許されなかったレオの懸念をよそに、国連本部で催された米ソの少年少女によるコンサートは大成功。だが、一行が会場を出た刹那に惨劇は起きた―。両大国の思惑に翻弄されながら、真実を求めるレオの旅が始まる。驚愕の完結編。

  • 第三位『このミステリーがすごい!』(2012)
  • 第三位『週刊文春ミステリーベスト10』(2011)
  • 第五位『ミステリが読みたい!』(2012)
41520920844152092092サトリ(上)
サトリ(下)
ドン・ウィンズロウ
早川書房 2011-04-21
自己評価:普通

1951年。日本的精神の至高の境地「シブミ」を学んだニコライは、暗殺の依頼を受ける。標的は中国の顧問役のKGB幹部。ニコライは北京に乗り込むが…。伝説の作家トレヴェニアンが遺した冒険小説「シブミ」の前日譚。

  • 第三位『ミステリが読みたい!』(2012)
  • 第七位『このミステリーがすごい!』(2012)
  • 第七位『週刊文春ミステリーベスト10』(2011)
41504110504150411069シブミ〈上〉
シブミ〈下〉
トレヴェニアン
早川書房 2006-02
自己評価:秀作

ミュンヘン・オリンピックのテロ事件の犯人に報復するべく、ユダヤ人グループは立ち上がった。だが、その計画は事前に察知され、グループのメンバー二人が虐殺されてしまう。虐殺の首謀者は巨大組織“マザー・カンパニイ”。一人生き残ったハンナは、からくもその惨劇の場から脱出し、バスク地方に隠遁する孤高の男に助けを求めた―“シブミ”を会得した暗殺者ニコライ・ヘルに。世界中を熱狂させた冒険小説の金字塔。
41504122434150412251ツーリスト 沈みゆく帝国のスパイ(上)
ツーリスト 沈みゆく帝国のスパイ(下)
オレン・スタインハウアー
早川書房 2010-08-30
自己評価:普通
  • 第九位『ミステリが読みたい!』(2011)

「ツーリスト」それは、CIAがアメリカの覇権維持を目的に世界中に放った凄腕のエージェント。元ツーリストのミロは現役を退き、妻子と暮らしていた。だが機密漏洩が疑われる親友の調査を命じられ、最前線に舞い戻る。親友の無罪を信じながらも彼は監視を開始するのだった。不確かな新世界秩序の下で策動する諜報機関員の活躍と苦悩に描く、新世紀スパイ・スリラー。
415041212Xベルリン・コンスピラシー
マイケル・バー=ゾウハー
早川書房 2010-02-28
自己評価:普通

ホテルで目覚めたアメリカの実業家ルドルフ・ブレイヴァマンは、不可解な思いにとらわれた。昨日はロンドンのホテルで寝たはずだが、ベルリンにいるのだ。間もなく彼は、62年前に仲間とともに五人の元SS将校を殺した罪で逮捕され、彼の息子ギデオンが一連の奇怪な事件の調査を開始する。父親の親友などの協力を得て、やがて暴き出す驚くべき国際的陰謀とは?
41021693344102169342グラーグ57(上)
グラーグ57(下)
トム・ロブ・スミス
新潮社 2009-08-28
自己評価
  • 第二位『ミステリが読みたい!』(2010)
  • 第四位『週刊文春ミステリーベスト10』(2009)
  • 第六位『このミステリーがすごい!』(2010)

運命の対決から3年―。フルシチョフは激烈なスターリン批判を展開。投獄されていた者たちは続々と釈放され、かつての捜査官や密告者を地獄へと送り込む。そして、その魔手が今、レオにも忍び寄る。愛する家族を救うべく、彼は極寒の収容所に潜入して、自ら投獄した元司祭を奪還する。だが、彼を待っていたのは裏切りでしかなかった。国家の威信と個人の尊厳が火花を散らした末にもたらされる復讐の真実とは。
4048739603ダブル・ジョーカー
柳 広司
角川書店
自己評価
  • 第二位『このミステリーがすごい!』(2010)
  • 第二位『週刊文春ミステリーベスト10』(2009)
  • 第二位『ミステリが読みたい!』(2010)
  • 第七位『本格ミステリ・ベスト10』(2010)

結城中佐率いる“D機関”の暗躍の陰で、もう一つの秘密諜報組織“風機関”が設立された。だが、同じカードは二枚も要らない。どちらかがスペアだ。D機関の追い落としを謀る風機関に対して、結城中佐が放った驚愕の一手とは―─。『ジョーカー・ゲーム』シリーズ第2弾、早くも登場。
4048738518ジョーカー・ゲーム
柳 広司
角川グループパブリッシング 2008-08-29
自己評価
  • 第二位『このミステリーがすごい!』(2009)
  • 第三位『週刊文春ミステリーベスト10』(2008)
  • 第八位『ミステリが読みたい!』(2009)

結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。東京、横浜、上海、ロンドンで繰り広げられる最高にスタイリッシュなスパイ・ミステリ。
41021693184102169326チャイルド44 上巻
チャイルド44 下巻
トム・ロブ・スミス
新潮社 2008-08-28
自己評価
  • 第一位『このミステリーがすごい!』(2009)
  • 第二位『週刊文春ミステリーベスト10』(2008)
  • 第四位『ミステリが読みたい!』(2009)

スターリン体制下のソ連。国家保安省の敏腕捜査官レオ・デミドフは、あるスパイ容疑者の拘束に成功する。だが、この機に乗じた狡猾な副官の計略にはまり、妻ともども片田舎の民警へと追放される。そこで発見された惨殺体の状況は、かつて彼が事故と遺族を説得した少年の遺体に酷似していた…。ソ連に実在した大量殺人犯に着想を得て、世界を震撼させた超新星の鮮烈なデビュー作。
4344013662エスピオナージ
麻生 幾
幻冬舎 2007-08
評価

日本国内での暗躍に苛烈さを増すロシア工作員に壮絶な闘いを挑む警視庁のスパイ・ハンターたち。捜査線上に浮かび上がる正体不明の男と女。執念の捜査が辿り着いた真実とは。現実の事件を元に描く諜報ミステリー。
4062142341沈底魚
曽根 圭介
講談社 2007-08-10
評価

沈底魚=スリーパー。潜伏期間20年余。素知らぬ顔で暮らし、「覚醒の指令」を待っている――。大物の沈底魚が、日本に潜っている。亡命中国外交官による衝撃情報。流出した国家機密。「眠れるスパイ」は実在するのか。公安刑事たちの極秘捜査が始まった。乱歩賞史上、もっともスリリングな公安ミステリー、堂々登場。
4163257802暗号名サラマンダー
ジャネット・ターナー・ホスピタル
文藝春秋 2007-03
評価

テロ集団「ブラック・デス」に乗っ取られた旅客機。犯人は乗客もろとも機を爆破した。生存者は子供たち22名のみ。それから13年。遺児のひとりサマンサが事件の裏を追う──乗客の一部は犯人に拉致されたという。彼らの身に何が? 「サラマンダー」「シロッコ」なる工作員は何者か? 陰謀の正体は? 鍵は謎の文書とビデオ・テープ。不審な死を遂げた政府機関職員が息子ローウェルにそれを託した。だが調べを続けるサマンサとローウェルに黒い魔手が迫る。逃避行の中でふたりが辿り着いた真相とは──。
4061849530黄昏のベルリン
連城 三紀彦
講談社 1991-07
自己評価

四十余年の時の流れに塗り込められた驚異の秘密の謎解きに、一人の“日本人”が巻き込まれた。リオデジャネイロ、ニューヨーク、東京、パリ、そしてベルリンと、世界の大都市を結んで展開する国際的謀略事件が、一転また一転、意外極まる結末へ。壮大かつ緻密な仕掛けの長編ミステリ・ロマン。
406270580X銃とチョコレート
乙一
講談社 2006-05-31
自己評価
  • 第五位『このミステリーがすごい!』(2007)

少年リンツの住む国で富豪の家から金貨や宝石が盗まれる事件が多発。現場に残されているカードに書かれていた【GODIVA】の文字は泥棒の名前として国民に定着した。その怪盗ゴディバに挑戦する探偵ロイズは子どもたちのヒーローだ。ある日リンツは、父の形見の聖書の中から古びた手書きの地図を見つける。その後、新聞記者見習いマルコリーニから、「【GODIVA】カードの裏には風車小屋の絵がえがかれている。」という極秘情報を教えてもらったリンツは、自分が持っている地図が怪盗ゴディバ事件の鍵をにぎるものだと確信する。地図の裏にも風車小屋が描かれていたのだ。リンツは「怪盗の情報に懸賞金!」を出すという探偵ロイズに知らせるべく手紙を出したが……。
40479151734047915181パズル・パレス (上)
パズル・パレス (下)
ダン・ブラウン
角川書店 2006-04-04
自己評価

全通信を傍受・解読できるNSAのスーパーコンピュータ「トランスレータ」が狙われる。対テロ対策として開発されたが、一般市民の通信全てをも監視可能なこのコンピュータの存在は決して公にできない国家機密であった。だが、この状況に憤った元スタッフが、自ら開発した「デジタル・フォートレス」という解読不可能な暗号ソフトを楯に、「トランスレータ」の公表を迫ったのだ。このソフトが流布されれば、アメリカは完全に無防備になってしまう…。
4167705095獣たちの庭園
ジェフリー・ディーヴァー
文藝春秋 2005-09-02
自己評価
  • 第四位『文庫翻訳ミステリー・ベスト10』(2005)
  • 第五位『このミステリーがすごい!』(2006)
  • 第五位『週刊文春ミステリー・ベスト10』(2005)

1936年、オリンピック開催に沸くベルリン。アメリカ選手団に混じって、ナチス高官暗殺の使命を帯びた一人の殺し屋がニューヨークから潜入するが、現地工作員と落ち合う際に誤って人を殺し、警察に追われる身となる。暗殺を果たし、無事に国外逃亡できるか…。「どんでん返し職人」ディーヴァーが初めて挑んだ歴史サスペンス。
40479149324047914940デセプション・ポイント 上
デセプション・ポイント 下
ダン・ブラウン
角川書店 2005-04-01
自己評価

  • 第七位『週刊文春ミステリーベスト10』(2005)

大統領付きのスタッフ・レイチェル。だが、父は現職と次期大統領の座を駆けた選挙戦の渦中にあり、彼女の立場は複雑だった。そんな時、大統領から緊急に呼び出され、NASAの大発見を確かめてきてほしいというのだが… 大統領直々の命令で北極まで飛んだレイチェル。その間にも刻一刻と選挙戦の様相は変化し続け……”国家”の名の下に繰り広げられる二重三重の陰謀と駆け引き。そしてレイチェルはついに信じられない事実に直面する!
CATEGORY
TAG CLOUD
COMMENTS
TRACKBACKS
TRACKBACK PEOPLE
LINKS