TAG : 北欧ミステリ

湖の男
アーナルデュル・インドリダソン
東京創元社 2017-09-21
自己評価:

干上がった湖の底で発見された白骨。頭蓋骨には穴があき、壊れたソ連製の盗聴器が体に結びつけられている。エーレンデュルらは、丹念な調査の末、ひとつの失踪事件に行き当たった。農機具のセールスマンが、婚約者を残し消息を絶ったのだ。男は偽名を使っていた。男は何者で、何故消されたのか? 過去に遡るエーレンデュルの捜査が浮かびあがらせたのは、時代に翻弄された哀しい人々の真実だった。北欧ミステリの巨人渾身の大作。
バルコニーの男 刑事マルティン・ベック
マイ・シューヴァル ペール・ヴァールー
KADOKAWA 2017-03-25
自己評価:

ストックホルム中央の公園で女児の死体が見つかった。彼女は前年、不審な男に話しかけられ、警察に証言を残していた。そのわずか二日後に別の公園で新たに少女が殺害され、ストックホルム市民は恐怖に打ち震えた。連続少女暴行殺人事件に、刑事マルティン・ベックは仲間と事件に取り組むが、手がかりは三歳の男の子のたどたどしい証言と、強盗犯の記憶のみ。捜査は行き詰まる。
悪魔の星 上
悪魔の星 下
ジョー・ネスボ
集英社 2017-02-17
自己評価:

3年前の同僚刑事が殺された事件を追い続けるハリーだが、証拠を得られず生き詰まり、酒におぼれて免職の通達が。そんな中、オスロを震撼させる猟奇的事件が起こり、ハリーも捜査に加わる。被害者はいずれかの指を切断され、遺留品に赤い五芒星形のダイヤモンドが…。犯人像に苦悩するハリー。北欧ミステリーを牽引する作家の傑作。

熊と踊れ(上)
熊と踊れ(下)
アンデシュ・ルースルンド
ステファン・トゥンベリ
早川書房 2016-09-08
自己評価:

崩壊した家庭で育ったレオら三人兄弟は、大量の銃器を入手し銀行強盗を計画をする。大胆な犯行で警察を翻弄し、次々と銀行を襲撃していく彼らの暴力性は、少年時代に父から学んだものだった。かつて彼らに何がおこったのか。実際の事件をモデルにした最高熱度の北欧ミステリ。
  • 第一位『ミステリが読みたい!』(2017)
  • 第一位『このミステリーがすごい!』(2017)
  • 第二位『週刊文春ミステリーベスト10』(2016)
ザ・サン 上 罪の息子
ザ・サン 下 罪の息子
ジョー・ネスボ
集英社 2016-08-19
自己評価:

サニーの父は警察官だったが、拳銃で自殺した。自分は犯罪組織の内通者だったという遺書を残して。そして彼は今、刑務所にいる。あらゆる収監者がサニーには心を開き、秘密を打ち明けるのだ。サニーの父の死の真相を知る者がそれを明かしたとき、凄絶な復讐劇の幕が開く。現在の北欧ミステリーを牽引するネスボの渾身作。
その雪と血を
ジョー・ネスボ
早川書房 2016-10-06
自己評価:

オーラヴ・ヨハンセンは殺し屋だ。今回の仕事は、不貞を働いているらしいボスの妻を始末すること。いつものように引き金をひくつもりだった。だが彼女の姿を見た瞬間、信じられないことが起こる。オーラヴは恋に落ちてしまったのだ……。雪降りしきる70年代のノルウェーを舞台に北欧ミステリの重鎮が描く、血と愛の物語。
  • 第九位『週刊文春ミステリーベスト10』(2016)
刑事マルティン・ベック 煙に消えた男
マイ・シューヴァル ペール・ヴァールー
KADOKAWA/角川書店 2016-03-25
自己評価:

取材でハンガリーを訪れたジャーナリストが消息を絶った。単身ブタペストに飛び、同僚からの情報を頼りに捜索に当たる刑事マルティン・ベック。だが、やがて執拗な尾行者に悩まされるようになり--。
霜の降りる前に〈上〉
霜の降りる前に〈下〉
ヘニング・マンケル
東京創元社 2016-01-21
自己評価:

白鳥が燃やされ、子牛が焼き殺される。イースタの周辺では奇妙な事件が重なっていた。さらに女性が行方不明になったとの通報が入る。だが驚いたことに、リンダの消えた友人の日記に、行方不明の女性の名前が記されていた。リンダの不安は増すばかり。娘の勝手な行動にクルトは怒りを爆発させる。人気の刑事クルト・ヴァランダーが父娘で難事件に挑む。
血の極点
ジェイムズ・トンプソン
集英社 2016-01-20
自己評価:

行方不明になったエストニア人の少女の捜索を引き受けたカリ・ヴァーラ警部。だがそれは闇社会への入り口だった……。黒幕は一体?? フィンランド警察シリーズ、作者急逝による最終巻。
ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (上)
ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (下)
ダヴィド・ラーゲルクランツ
早川書房 2015-12-18
自己評価:

時代遅れの記者との非難にさらされていたミカエルのもとに、大スクープになるという話が持ち込まれる。一方、アメリカのNSAは、犯罪組織の関連会社からバルデル教授が研究成果を持ち出したため、彼の身に危険が迫っているとの情報を得るが、鉄壁の防御を誇るNSAのネットワークに何者かが侵入した。今世紀最高のミステリ、待望の続篇。
  • 第九位『ミステリが読みたい!』(2017)
特捜部Q―吊された少女―
ユッシ・エーズラ・オールスン
早川書房 2015-11-06
自己評価:

〈特捜部Q〉シリーズ。引退間際の警官からかかってきた一本の電話は、カールたちQのメンバーを十数年前に起きた異常な交通事故の捜査へと導くのだが……。
ネメシス (上) 復讐の女神
ネメシス (下) 復讐の女神
ジョー・ネスボ
集英社 2015-07-17
自己評価:

オスロの中心部で起きた銀行強盗事件。ハリー警部も加わった捜査は難航を極める。そんなある日、彼の元ガールフレンドが死体で発見された。行き詰まる銀行強盗事件の捜査。ハリーに届く謎めいたメール。そしてついに彼に、殺人の容疑が降りかかる。相次ぐどんでん返しの末に浮かぶ真相とは?

アーナルデュル・インドリダソン
東京創元社 2015-07-29
自己評価:

サンタクロースの扮装でめった刺しにされた男。一人の男の栄光、悲劇、転落、そして死。世界でシリーズ累計1000万部突破。世界を驚愕させた『湿地』『緑衣の女』に続く第三弾。
  • 第二位『ミステリが読みたい!』(2016)
  • 第四位『週刊文春ミステリーベスト10』(2015)
  • 第五位『このミステリーがすごい!』(2016)
猟犬
ヨルン・リーエル・ホルスト
早川書房 2015-02-05
自己評価:

17年前の誘拐殺人事件の証拠は偽造されていた。捜査を指揮した刑事ヴィスティングは責任を問われて停職処分を受ける。自分の知らないところで何が行なわれたのか? 真犯人は誰なのか? 新聞記者の娘リーネに助けられながら、ヴィスティングはひとり真相を追う。しかしそのとき、新たな事件が起きていた。北欧のミステリ賞を独占した傑作警察小説。
白の迷路
ジェイムズ・トンプソン
集英社 2014-12-16
自己評価:

フィンランド国家捜査局で特殊部隊を指揮するカリ・ヴァーラ警部は、術後の後遺症にもめげず超法規的に麻薬を取締まる日々を送っていた。ある日、移民擁護派の政治家が殺害され、頭部が移民組織に届く事件が起こる。それを契機に報復殺人が続発。不穏な空気が急速にフィンランドを襲う。そんな中、謎の男がカリの前に現れた。北欧社会の闇を描く、極寒ミステリ第3弾。
刑事マルティン・ベック ロセアンナ
マイ・シューヴァル ペール・ヴァールー
角川書店 2014-09-25
自己評価:

全裸女性の絞殺死体が、閘門で見つかった。身元不明の遺体に事件は膠着するかに見えた折、アメリカの地方警察から一通の電報が。被害者と関係をもった男が疑われるが――。警察小説の金字塔シリーズ・第一作。
北京から来た男 上
北京から来た男 下
ヘニング・マンケル
東京創元社 2014-07-22
自己評価:

スウェーデンの小さな村でその惨劇は起きた。村のほぼ全ての家の住民が惨殺されたのだ。休暇中の女性裁判官ビルギッタは、亡き母親が村の出身であったことを知り、ひとり現場に向かう。事件はビルギッタを世界の反対側へ、さらに過去へと導く。北欧ミステリの帝王ヘニング・マンケルの集大成的大作。
  • 第十位『このミステリーがすごい!』(2015)
特捜部Q ―知りすぎたマルコ
ユッシ・エーズラ・オールスン
早川書房 2014-07-10
自己評価:

「Q」が今回挑むのは、外務官僚の失踪事件。真面目で心優しいこの官僚は、出張先のアフリカからなぜか予定を早めて帰国後、消息を絶った。背後には大掛かりな公金横領が絡むようなのだが……。事件のカギを握るのは、叔父が率いる犯罪組織から逃げ出したばかりの15歳の少年マルコ。この賢い少年と「Q」の責任者カール・マーク警部補がすれ違い続ける間に、組織の残忍な手がマルコに迫る。人気シリーズ第五弾。
凍氷
ジェイムズ・トンプソン
集英社 2014-02-20
自己評価:

歴史の極秘調査ともみ消しの指令を受けたカリ・ヴァーラ警部。ヘルシンキで起きたロシア人富豪妻の拷問死事件の捜査においても警察上層部から圧力がかかる。さらにカリを襲うのは原因不明の頭痛。激痛に耐えながら挑んだその結末とは? 好評極寒ミステリ第2弾。
  • 第八位『ミステリが読みたい!』(2015)
交霊 〔上〕
交霊 〔下〕
ラーシュ・ケプレル
早川書房 2013-12-06
自己評価:

少女の死体はベッドに横たわっていた。顔のほとんどがなくなっていて、ほとばしった血が部屋中を赤く染めている。問題を抱えた少女たちのための自立支援ホームで、収容されていた少女が惨殺される事件が発生した。やがて収容者の一人ヴィッキーが姿を消していることが判明し、捜査に加わったヨーナ・リンナ警部は、彼女の行方を追うが…。スリリングな追跡劇、不気味な怪現象、意表を衝く真相。全世界が注目した覆面作家が放つ大作。
スノーマン(上)
スノーマン(下)
ジョー・ネスボ
集英社 2013-10-18
自己評価:

オスロに初雪が降った日、一人の女性が姿を消し、彼女のスカーフを首に巻いた雪だるまが残されていた。捜査を担当するハリー・ホーレ警部は未解決の女性失踪事件が多すぎることに気づく。そして、ハリーに届いた謎めいた手紙には“スノーマン”という署名があった。ノルウェーを代表するミステリー作家の登場。
404101073X4041010748三秒間の死角 上 (角川文庫)
三秒間の死角 下 (角川文庫)
アンデシュ・ルースルンド
&ベリエ・ヘルストレム
角川マガジンズ 2013-10-25
自己評価:

犯罪組織の中枢にまで潜り込んだ潜入捜査員パウラ。組織に与えられた任務は、刑務所内に麻薬密売の拠点を作ることだった。政府上層部のお墨付きを得たパウラは、ライバル業者を蹴落として商売を始めた。だが、パウラの正体を知らないまま、殺人事件を捜査するグレーンス警部の追及の手が迫るのを知った政府上層部は非情な決断を下す…。
  • 第十位『ミステリが読みたい!』(2015)
笑う警官
マイ・シューヴァル ペール・ヴァールー
角川書店 2013-09-25
自己評価:

市バスで起きた大量殺人事件。被害者の中には殺人課の刑事が。若き刑事はなぜバスに乗っていたのか? 唯一の生き証人は死亡、刑事マルティン・ベックらによる、被害者を巡る地道な聞き込み捜査が始まる。警察小説の金字塔、待望の新訳。
緑衣の女
アーナルデュル・インドリダソン
東京創元社 2013-07-11
自己評価:

住宅建設地で発見された、人間の肋骨の一部。どう見ても最近埋められたものではない。現場近くにはかつてサマーハウスがあり、付近にはイギリス軍やアメリカ軍のバラックもあったらしい。住民の証言の端々に現れる緑の服の女。数十年のあいだ封印されていた哀しい事件が、捜査官エーレンデュルの手で明らかになる。
  • 第二位『ミステリが読みたい!』(2014)
  • 第二位『週刊文春ミステリーベスト10』(2013)
  • 第十位『このミステリーがすごい!』(2014)
特捜部Q ―カルテ番号64
ユッシ・エーズラ・オールスン
早川書房 2013-05-10
自己評価:

特捜部Qが今回挑むのは、80年代に起こったナイトクラブのマダムの失踪事件。アサドとローセの調査によるとほぼ同時に5人もの行方不明者が出ているという。カール・マーク警部補は大事件の匂いを嗅ぎつけ捜査に着手。やがて、壮絶な過去を持つひとりの老女と新進政党の関係者が捜査線上に浮かび上がってくるのだが。人気警察小説シリーズ第四弾。
冬の生贄 上
冬の生贄 下
モンス・カッレントフト
東京創元社 2013-03-21
自己評価:

地平線に立つ木の枝に、血だらけの巨漢の身体がぶら下がっていた。凄まじい暴力のあと。これはリンチか、それとも生贄なのか。次第に明らかになる被害者の悲惨な境遇、凄惨な過去。複雑に絡まりもつれ合う家族の愛憎。一つまた一つと明るみに出る過去の出来事。モーリーン・フォシュ・シリーズ開幕。
極夜 カーモス
ジェイムズ・トンプソン
集英社 2013-02-20
自己評価:

フィンランド郊外の村の雪原に横たわる惨殺死体。被害者はソマリア移民の映画女優で、遺体には人種差別を思わせる言葉が刻まれていた。捜査にあたったカリ警部の元妻を奪った男が容疑者として挙がるが、やがて第二、第三の殺人が起きてしまう。フィンランドのお国柄を秀逸に浮かび上がらせるミステリー。
雪の女
レーナ・レヘトライネン
東京創元社 2013-01-11
自己評価:

エスポー警察のマリアは、ロースベリ館での講演を依頼された。だがその講演から数週間後、館の主であるセラピストが行方不明になり、雪深い森でガウンとパジャマのまま死体で発見される。当時館に滞在していたのは、訳ありげな女性ばかり。北欧フィンランドを舞台に、小柄な女性警官マリアが事件を追う。
満開の栗の木
カーリン・アルヴテーゲン
小学館 2013-01-04
自己評価:

事業で大成功した実業家アンダシュは、強烈な空虚感から自殺未遂をしてしまう。病院を無断で抜け出した彼は、スウェーデン北部の寒村にあるヘレーナのホテルにたどり着く。ヘレーナも望まない離婚から、苦々しい想いのなかで、一人娘を育てていた。アンダシュは自らの素性を隠しながら、このホテルで働くことになる。
靄の旋律 国家刑事警察 特別捜査班
アルネ・ダール
集英社 2012-09-20
自己評価:

スウェーデン実業界の大物が次々に殺された。金目当てか怨恨か? 選りすぐりの刑事が集められた特捜班は、手がかりのひとつひとつを地道にあたる。やがて、被害者たちの共通点が見つかり……。スウェーデンの人気ミステリシリーズ第1弾。
CATEGORY
TAG CLOUD
COMMENTS
TRACKBACKS
TRACKBACK PEOPLE
LINKS