TAG : 密室

逃げる幻
ヘレン・マクロイ
東京創元社 2014-08-21
自己評価:

目撃者の前で、少年が開けた荒野から忽然と消えた人間消失事件と、密室殺人――スコットランドを舞台に、名探偵ウィリング博士が不可能犯罪に挑む謎解きの傑作。

  • 第一位『本格ミステリ・ベスト10』(2015)
  • 第六位『ミステリが読みたい!』(2015)
  • 第七位『このミステリーがすごい!』(2015)
  • 第七位『週刊文春ミステリーベスト10』(2014)
警官の騎士道
ルーパート・ペニー
論創社 2013-10
自己評価:

事件現場は密室状態。凶器は被害者のコレクション。そして容疑者たちにはアリバイが…。サー・レイモンド・エヴェレットを殺害した犯人は誰なのか? 秀逸なトリックと緻密なロジックによる本格ミステリの傑作。
  • 第十位『本格ミステリ・ベスト10』(2014)
百年祭の殺人
マックス・アフォード
論創社 2013-05
自己評価:

巧妙なトリックと鮮烈なロジック。ブラックバーン教授、連続猟奇殺人に挑む。"オーストラリアのJ・D・カー"が贈る密室ファン必読の傑作。
  • 第二位『本格ミステリ・ベスト10』(2014)
4488220037ディーン牧師の事件簿
ハル・ホワイト
東京創元社 2011-01-08
自己評価:普通

屋敷を相続した五人兄弟を襲う“足跡のない”連続殺人、密室状態のアパートから消えた狙撃者、教会で行われた聖餐式の最中の毒殺…元牧師の名探偵ディーン先生が六つの難事件に挑む、不可能犯罪連作短編集。

  • 第五位『本格ミステリ・ベスト10』(2012)
40002442724000244280バウドリーノ(上)
バウドリーノ(下)
ウンベルト・エーコ
岩波書店 2010-11-11
自己評価:普通

『薔薇の名前』で世界の読者を魅了したエーコが、ふたたび中世を舞台に放つ物語。時は十字軍の時代。神聖ローマ皇帝フリードリヒの養子となった農民の子バウドリーノが語りだす数奇な生涯とは。言語の才に恵まれ、語る嘘がことごとく真実となってしまうバウドリーノの、西洋と東洋をまたにかけた冒険が始まる。
4093862893郷愁という名の密室
牧 薩次
小学館 2010-10-26
自己評価:普通

ヘルパーをしている矢住鼎は誤って介護先の老女を死なせ、絶望した雪山で自殺を図る。ところが、目覚めたのは旅館の一室。そこで彼は高校時代の後輩・雫に再開する。その旅館で事件が起きる。まず、宿泊客の男女が刃物で殺害され、次いで隣の旅館の女将が密室状態の客室で刺殺される。犯人は内部の人間か。鼎と雫の前に殺人者の影が迫る。そして深夜0:54、あらゆる知覚が暗転して――。
433492736X長い廊下がある家
有栖川有栖
光文社 2010-11-19
自己評価:普通

廃村に踏み迷った大学生の青年は、夜も更けて、ようやく明かりのついた家に辿り着く。そこもやはり廃屋だったが、三人の雑誌取材チームが訪れていた。この家には幽霊が出るというのだ。思い違い、錯誤、言い逃れに悪巧み。悪意ある者の奸計に、火村英生の怜悧な頭脳が挑む。切れ味抜群の本格ミステリ傑作集。
4087713520貴族探偵
麻耶 雄嵩
集英社 2010-05-26
自己評価:残念

自らは推理をしない貴族探偵登場。推理などという〈雑事〉はすべて、使用人任せ。「趣味」探偵の謎の青年が、生真面目な執事や可愛いメイド、巨漢の運転手などを使い難事件を解決する。知的スリルに満ちた本格ミステリ。麻耶雄嵩5年ぶりの最新刊。

  • 第六位『本格ミステリ・ベスト10』(2011)
4846009114警官の証言
ルーパート・ペニー
論創社 2009-12
自己評価:普通

競売会で競り落とした一冊の古書から、ある屋敷に財宝が隠されていることが明らかになった。アデア少佐はメンバーを集めて宝探しを始める。ほどなく財宝の一部と見られる宝石が見つかったが、その直後に少佐は密室で殺害される。第一部はワトスン役のアントニー・パードンの一人称で、第二部はビール主任警部の一人称で描かれており、それが密室トリックに関係している緻密に計算された英国本格ミステリ。

  • 第四位『本格ミステリ・ベスト10』(2011)
4846008924死せる案山子の冒険―聴取者への挑戦〈2〉
エラリー・クイーン
論創社 2009-03
自己評価
  • 第六位『本格ミステリ・ベスト10』(2010)

密室、ダイイングメッセージ、オカルト。本格ミステリ・ファン必読のラジオドラマ版「エラリー・クイーンの冒険」シナリオ集第二弾。「国名シリーズ」と「ライツヴィルもの」両者の要素を備えた表第作を含む七編に加え、法月綸太郎による解説を収録。
4535585601風の時/狼の時 (天城一傑作集 4)
天城 一
日本評論社 2009-04
自己評価:まあまあ

2007年に亡くなった、本格ミステリ大賞作家・天城一の傑作集。表題作をはじめとする長編2本と、未発表作品を含む短編12本を収録。自作解説、編者解題等も掲載。
4150018235沙蘭の迷路
ロバート・ファン・ヒューリック
早川書房 2009-04-09
自己評価:まあまあ

新たな任地・蘭坊へ赴任するディー判事。蘭坊の政庁は腐敗し、地元豪族が町を支配していたが、事件はそれだけではない。引退した老将軍が密室で変死、とりたてた巡査長の娘は失踪するなど、次々に難事件が襲いくる。なかでも元長官が遺した一幅の画と、別荘に作られた迷路に秘められた謎は、判事の頭脳を大いに悩ませる。記念すべきディー判事シリーズ第1作を、松本清張、江戸川乱歩の名文とともに、最新訳で贈る決定版。
4150018200虎の首
ポール・アルテ
早川書房 2009-01-09
評価
  • 第三位『本格ミステリ・ベスト10』(2010)

休暇から戻ったツイスト博士を出迎えたのは、事件捜査で疲れきったハースト警部だった。郊外のレドンナム村で、次いでロンドンで、切断された女性の手足がスーツケースに詰められて発見されたのだ。事件に興味を抱いた博士だが、自分のスーツケースを開いたとたん、顔色が変わった。いっぽう、レドンナム村では奇怪な密室殺人が起きていた。インド帰りの元軍人が密室で殴殺されたのだ。怪奇と論理の華麗なる二重奏。
4838717679完全恋愛
牧 薩次
マガジンハウス 2008-01-31
自己評価
  • 第三位『このミステリーがすごい!』(2009)
  • 第三位『本格ミステリ・ベスト10』(2009)
  • 第六位『週刊文春ミステリーベスト10』(2008)

他者にその存在さえ知られない罪を完全犯罪と呼ぶ。では、他者にその存在さえ知られない恋は、完全恋愛と呼ばれるべきか…。舞台は第二次大戦の末期、昭和20年。福島の温泉地で幕が開く。主人公は東京から疎開してきた中学二年の少年・本庄究。この村で第一の殺人が起こる。凶器が消えるという不可能犯罪。そして第二章は、昭和43年。福島の山村にあるはずのナイフが時空を超えて沖縄・西表島にいる女性の胸に突き刺さる、という大トリックが現実となる。そして第三章。ここでは東京にいるはずの犯人が同時に福島にも出現する、という究極のアリバイ工作。平成19年、最後に名探偵が登場する。全ての謎を結ぶのは究が生涯愛し続けた「小仏朋音」という女性だった。
4846007588ナポレオンの剃刀の冒険 (シナリオ・コレクション 聴取者への挑戦 1)
エラリー・クイーン
論創社 2008-03
自己評価
  • 第四位『本格ミステリ・ベスト10』(2009)

動く密室と化した列車内で男が殺された。容疑者は七人。しかもあるはずの宝石がなくなっており、車内のどこを探しても見つからない…。巧みなトリックとエラリーの名推理を堪能できる表題作を始め、国名シリーズを彷佛させる傑作ラジオドラマ八編を収録。クイーン警視、ヴェリー部長刑事、ニッキイ他おなじみのメンバーも登場する本格ミステリ。全編“聴取者への挑戦状”つき。
4048738321狐火の家
貴志 祐介
角川書店 2008-03
自己評価
  • 第十位『本格ミステリ・ベスト10』(2009)

長野県の農村で殺人事件が発生。現場は完全な密室状態。「硝子のハンマー」でおなじみの弁護士・純子と防犯探偵・榎本が、密室の謎を暴く。ちょっぴりファニーなコンビが4つの密室に挑む傑作ミステリ。
4150018081ロジャー・マーガトロイドのしわざ
ギルバート・アデア
早川書房 2008-01-11
自己評価
  • 第五位『本格ミステリ・ベスト10』(2009)

1935年、英国ダートムーア。吹雪のため、人々はロジャー・フォルクス大佐の邸に閉じ込められた。大佐、その妻と娘、ゴシップ記者、アメリカ人青年、女流作家、牧師とその妻、女優、医師とその妻。やがてゴシップ記者が全員の秘密を握っていることを示唆し、彼への憎しみが募るなか、悲劇が起こる。密室状況で記者が殺害されたのだ。被害者のポケットには不可解なアルファベットが記された紙片が。やがてセイウチ髭のトラブショウ元警部が駆けつけ、大佐が重大な告白を始める。「私の本当の名はロジャー」……ミステリの枠を打ち破る超ミステリ。
4846007553ビーコン街の殺人
ロジャー・スカーレット
論創社 2007-12
評価

ビーコン街の屋敷のパーティーに招待された弁護士アンダーウッド。彼が帰宅しようとしたそのとき、女性の悲痛な叫び声がした。屋敷の主人サットンが二階の一室で銃殺されたのだ。部屋の中には婦人がおり、傍らには銃があった。当然彼女に容疑がかけられる。簡単に解決する事件と思われたが……。本格派スカーレットのデビュー作を初完訳。
433492560X密室キングダム
柄刀 一
光文社 2007-07
自己評価
  • 第三位『本格ミステリ・ベスト10』(2008)
  • 第九位『ミステリが読みたい!』(2008)
  • 第十位『週刊文春ミステリーベスト10』(2007)

1988年夏、札幌。伝説的な天才手品師・吝一郎の復帰公演が事件の発端だった。次々と連続する、華美で妖艶な不可能犯罪。吝家を覆う殺意の霧は、濃くなるばかり。心臓に持病を抱える、若き推理の天才・南美希風が、悪意に満ちた魔術師の殺人計画に挑む。密室ミステリーの最高峰。1770枚一挙書き下ろし、大長編本格推理。
4344013484収穫祭
西澤 保彦
幻冬舎 2007-07
自己評価
  • 第七位『本格ミステリ・ベスト10』(2008)

1982年、8月17日、夜。暴風雨の首尾木村北西区で、ほとんどの村民が虐殺される大量殺人の発生が警察に伝えられる。しかし悪天候と現場に通じる2脚の橋が流されたため地区は孤立、警察の到着は翌日になってからだった。かろうじて生き延びたのは中学3年の少年少女3人と彼らが通う分校の教諭ひとり。被害者は、3人の家族ら14名で、そのうち11人が鎌で喉を掻き切られていた。不明な点もあったが、犯人は、事件当日、逃走後に事故死した英会話教室の外国人講師と断定された―――そして9年後、ひとりのフリーライターが生き残った者たちへの取材を開始するや、ふたたび猟奇的な殺人事件が起こる。
4150018014狂人の部屋
ポール・アルテ
早川書房 2007-06
自己評価
  • 第一位『本格ミステリ・ベスト10』(2008)
  • 第三位『ミステリが読みたい!』(2008)
  • 第七位『このミステリーがすごい!』(2008)

ハットン荘のその部屋には、忌まわしい過去があった。百年ほど前、部屋に引きこもっていた文学青年が怪死したのだ。死因はまったくの不明。奇怪なことに、部屋の絨毯は水でぐっしょりと濡れていた……以来、あかずの間となっていた部屋を現在の当主ハリスが開いた途端に、怪事が屋敷に襲いかかった。ハリスが不可解な状況のもとで部屋の窓から墜落死し、その直後に部屋の中を見た彼の妻が卒倒したのだ。しかも、部屋の絨毯は百年前と同じように濡れていた。はたして部屋で何が起きたのか? さすがのツイスト博士も困惑する、奇々怪々の難事件。
4535584850離れた家―山沢晴雄傑作集 日下三蔵セレクション
山沢 晴雄 日下 三蔵
日本評論社 2007-06
自己評価
  • 第四位『ミステリが読みたい!』(2008)
  • 第五位『本格ミステリ・ベスト10』(2008)
  • 第六位『このミステリーがすごい!』(2008)

一部で高く評価されながら、これまで一度も単行本化されなかった「幻の推理作家」。緻密な構成が生み出す、マジックを堪能せよ。
4882932997山荘の死―鮎川哲也コレクション 挑戦篇〈1〉
鮎川 哲也
出版芸術社 2006-06
評価

傑作「達也が嗤う」をはじめ、挑戦小説14篇を一挙に収録。本格ミステリの巨匠・鮎川哲也が、読者へ挑戦状をたたきつける。腕によりをかけて仕掛けたトリックの数々を、あなたは見破れるか?
4061823094『アリス・ミラー城』殺人事件
北山 猛邦
講談社 2003-05
評価

ルイス・キャロルの作品にちなんだ不可解な城に探偵たちが集められた。ある者は密室状況下、巨大な鏡の上で顔を溶かされた死体となり、ある者は合わせ鏡の部屋で殺され、犯人は目撃者の眼前で消失する。館内のチェス盤からは殺人の度に駒が一つずつなくなって…。不可能犯罪に込められた驚くべき思念とは。
4488434029退職刑事 (1)
都筑 道夫
東京創元社 2002-09
評価

かつては硬骨の刑事、今や恍惚の境に入りかけた父親に、現職刑事の息子が捜査中の事件を語ると、父親はたちまち真相を引き出す。曰く男物の下着ひとつで死んでいた女、また曰く壜づめの密室作人。論理のアクロバットを駆使した国産《安楽椅子探偵小説》定番中の定番として揺るぎない地位を占める、名シリーズ第一集。
4334074669The unseen 見えない精霊
林 泰広
光文社 2002-04
評価

インドの森の奥深く、僕の目の前の老婆は突然語り始めた。その声と言葉は、自らの不可能な死を語るカメラマン「ウィザード」のものだった。飛行船の闇の中、彼に死を与えるために来た美しい少女と、見えることしか信じない彼の戦いが始まる。彼の武器は鋭利な頭脳、巧妙な論理の罠。だが、彼の罠を次々に突き破る少女の論理と見えない精霊の力。大胆に読者に突きつけられる質問状、あなたは解けるか?
4488219020毒杯の囀り
ポール・ドハティー
東京創元社 2006-09-30
評価
  • 第十位『本格ミステリ・ベスト10』(2008)

1377年、ロンドン。富裕な貿易商トーマス・スプリンガル卿が、邸の自室で毒殺された。下手人と目される執事は、屋敷裏で縊死していた。トーマス卿の部屋の外は、人が通れば必ず“歌う”、通称“小夜鳴鳥の廊下”。この廊下を歩いた者は、執事ただひとりなのだが…。難事件に挑むは、酒好きのクランストン検死官とその書記、アセルスタン修道士。中世謎解きシリーズ、堂々の開幕。
4061825135密室殺人ゲーム王手飛車取り
歌野 晶午
講談社 2007-01-12
自己評価
  • 第六位『本格ミステリ・ベスト10』(2008)

<頭狂人><044APD><ザンギャ君><伴道全教授>。奇妙なニックネームをもつ5人がインターネット上で殺人推理ゲームの出題をしあっている。密室、アリバイ崩し、ダイイングメッセージ、犯人当てなどなど。ただし、ここで語られる殺人はすべて、現実に発生していた。出題者の手で実行ずみなのである……。
406184816Xそして扉が閉ざされた
岡嶋 二人
講談社 1990-12
自己評価

富豪の若きひとり娘が不審な事故で死亡して三カ月、彼女の遊び仲間だった男女四人が、遺族の手で地下シェルターに閉じ込められた。なぜ? そもそもあの事故の真相は何だったのか? 四人が死にものぐるいで脱出を試みながら推理した意外極まる結末は? 極限状況の密室で謎を解明する異色傑作推理長編。
4594051979奇術師の密室
リチャード・マシスン
扶桑社 2006-07
自己評価
  • 第七位『このミステリーがすごい!』(2007)
  • 第七位『本格ミステリ・ベスト10』(2007)

往年の名奇術師も、脱出マジックに失敗し、今は身動きできずに小道具満載の部屋の車椅子の上。屋敷に住むのは、二代目として活躍する息子と、その野心的な妻、そして妻の弟。ある日、腹にいち物秘めたマネージャーが訪ねてきたとき、ショッキングな密室劇の幕が開く。老奇術師の眼のまえで展開する、奇妙にして華麗、空前絶後のだまし合い。息も継がせぬどんでん返しの連続。さて、その結末やいかに。
CATEGORY
TAG CLOUD
COMMENTS
TRACKBACKS
TRACKBACK PEOPLE
LINKS