TAG : 歴史ミステリ

謀略の都(上) 1919年三部作①
謀略の都(下) 1919年三部作①
ロバート・ゴダード
講談社 2017-01-13
自己評価:

1919年春。講和条約締結のため各国代表団がパリで協議を進めるなか、英国の外交官が謎の死を遂げた。元空軍パイロットの次男マックスは父の知人らの協力を得て解明を進めるが、ドイツのスパイ網指揮者の存在が浮上してほどなく、命の危険に晒されてしまう。第一次大戦後の混沌を生きるスパイ小説新シリーズ、いよいよ開幕。
我が名は切り裂きジャック(上)
我が名は切り裂きジャック(下)
スティーヴン・ハンター
扶桑社 2016-04-30
自己評価:

1888年8月31日、ロンドンのホワイトチャペル地区イーストエンド。弦月の夜、男は誘い込んだ娼婦の喉を切り裂き、腹をえぐり、内臓を引き出した。夕刊紙の記者ジェブは音声学の碩学デア教授のプロファイリングによって浮かび上がった犯人像をもとに、 容疑者を絞りこみ調査を続行するが、やがて事件は思いもかけない展開を見せて…。巨匠が満を持して挑んだヴィクトリアン・ミステリーの最高峰、ここに登場。
クロコダイル路地1
クロコダイル路地2
皆川 博子
講談社 2016-04-20
自己評価:

1789年7月14日。パリで起きた革命はフランス全土へ広がった。帯剣貴族の嫡男フランソワとその従者ピエール、大ブルジョアの嫡男ローラン、平民のジャン=マリと妹コレット。〈革命〉によって変転していくそれぞれの運命とは。
プラハの墓地
ウンベルト・エーコ
東京創元社 2016-02-22
自己評価:

イタリア統一、パリ・コミューン、ドレフュス事件…、そしてナチのホロコーストの根拠とされた史上最悪の偽書『シオン賢者の議定書』それらすべてにひとりの文書偽造家が関わっていたとしたら? 知の巨人が描く憎しみと差別のメカニズム。
  • 第十位『ミステリが読みたい!』(2017)
アーサーとジョージ
ジュリアン・バーンズ
中央公論新社 2016-01-22
自己評価:

アーサー・コナン・ドイルは、医師から作家に転じシャーロック・ホームズを生んだ時代の寵児。ジョージ・エイダルジは、司祭館に育った生真面目な事務弁護士。活力溢れるアーサーと、実直さが取り柄のジョージ、異なる世界に生きてきた二人が出会うのは1906年のこと。連続家畜殺しの罪を着せられたジョージの嘆願に応じたアーサーは、ホームズばりの観察力で潔白を直感し、真相究明に乗り出す。
大聖堂 (上)
大聖堂 (中)
大聖堂 (下)
ケン・フォレット
ソフトバンク文庫
自己評価:

12世紀のイングランド。放浪の建築職人トムは、キングズブリッジ修道院長から命じられ、本格的に大聖堂の再建に乗りだす。が、キングズブリッジの繁栄をねたむ男が焼き討ちを仕掛ける……。トムの死後、大聖堂再建を引き継いだ息子のアルフレッドだが、大聖堂が崩壊してしまう。そこへ、ヨーロッパを放浪して修行中だったトムの弟子のジャックが帰還し、大聖堂に新たな光が……。大聖堂復活をめぐる波瀾万丈の大ロマン小説。
インフェルノ (上)
インフェルノ (下)
ダン・ブラウン
角川書店 2013-11-28
自己評価:

フィレンツェ。襲撃を受け病院を逃げ出したラングドン教授。手にした見慣れぬ円筒から浮かびあがったのはダンテ『神曲』を描いた、ボッティチェルリ〈地獄の見取り図〉。原画にはない暗号、解読した先に待つのは?
星籠の海 上
星籠の海 下
島田 荘司
講談社 2013-10-04
自己評価:

この海には、人を喰う怪物がいる―。瀬戸内海の湾に連続して死体が流れ着く。調査を依頼された御手洗と石岡が、解決への鍵を求めて訪れた場所は広島県福山市だった。古からの港町に拡がる不穏な団体の影。怪事件の続く「時計仕掛けの海」に、御手洗潔が挑む。
  • 第九位『このミステリーがすごい!』(2014)
  • 第九位『本格ミステリ・ベスト10』(2014)
11/22/63(上)
11/22/63(下)
スティーヴン・キング
文藝春秋 2013-09-13
自己評価:

過去へ旅することのできる「扉」の存在を知った男はケネディ暗殺阻止に挑む。改変を拒む「歴史」が繰り出す執拗な妨害。降りかかる痛ましい悲劇。世界の未来と愛するひとの命のどちらを選べばいいのか? 世界最高のストーリーテラーが新たに放った最高傑作。
  • 第一位『このミステリーがすごい!』(2014)
  • 第一位『週刊文春ミステリーベスト10』(2013)
  • 第七位『ミステリが読みたい!』(2014)
海賊女王(上)
海賊女王(下)
皆川 博子
光文社 2013-08-22
自己評価:

16世紀。スコットランドの高地に牧童として生まれたアラン・ジョスリンは、17歳で戦士集団に加わり、アイルランドに渡る。そこで出会ったのは、オマリーの氏族の猛々しくも魅力的な男たちと、赤い縮れ毛を短く切った、10歳の少女グローニャ。闘いと航海に明け暮れる、波瀾の日々の幕開けだった。アイルランドの女海賊の凄まじき生涯に挑む、海洋冒険歴史巨編。
HHhH (プラハ、1942年)
ローラン・ビネ
東京創元社 2013-06-28
自己評価:

金髪の野獣と呼ばれたナチのユダヤ人大量虐殺の責任者ハイドリヒと、彼の暗殺者である二人の青年をノンフィクション的手法で描き読者を慄然させる傑作。
  • 第九位『週刊文春ミステリーベスト10』(2013)
4163816607アルカトラズ幻想
島田 荘司
文藝春秋 2012-09-23
自己評価:

1939年、ワシントンDCの森で、娼婦の死体が発見された。被害者は木の枝に吊るされ、女性器の周辺をえぐられたため、股間から内臓が垂れ下がっていた。時をおかず第二の事件も発生。凄惨な猟奇殺人に世間も騒然となる中、意外な男が逮捕され、サンフランシスコ沖に浮かぶ孤島の刑務所、アルカトラズに収監される。やがて心ならずも脱獄した男は、奇妙な地下世界に迷い込む―。

  • 第八位『本格ミステリ・ベスト10』(2013)
415335001Xリヴァイアサン クジラと蒸気機関
スコット・ウエスターフェルド
早川書房 2011-12-07
自己評価:普通

1914年、欧州ではふたつの勢力が拮抗していた。遺伝子操作された動物を基盤とする、〈ダーウィニスト〉と、蒸気機関やディーゼル駆動の機械文明を発達させた〈クランカー〉。両者の対立は深まり、オーストリア大公夫妻の暗殺につながった。両親を殺した一派に追われる公子アレックと、空への憧れから男装し英国海軍航空隊に志願した少女デリン。ふたりの運命はやがて巨大飛行獣リヴァイアサンで邂逅する。冒険スチームパンク三部作、開幕篇。
40627696034062769271封印された系譜(上)
封印された系譜(下)
ロバート・ゴダード
講談社 2011-04-15
自己評価:普通

少年時代の親友にして、元妻の再婚相手。しかも病で死にかけているという親友の頼みで、古いアタッシェケースをロンドンからブリュッセルに届けることになったリチャード。デンマークの巨大企業一族がひた隠しにする出自の秘密とロシア皇女の生き残り伝説がからみあい、大きな陰謀に巻き込まれていく。
4344019342吉原十二月
松井 今朝子
幻冬舎 2011-01
自己評価:普通

欲望を喰らい、花魁となる。容貌も気性もまるきり違うふたりの妓。妓楼を二分する激しい嫉妬とつば競り合いの先に女の幸せはあるのか…。廓を生き抜くふたりの女の人生を見事に活写した、絢爛たる吉原絵巻。
40002442724000244280バウドリーノ(上)
バウドリーノ(下)
ウンベルト・エーコ
岩波書店 2010-11-11
自己評価:普通

『薔薇の名前』で世界の読者を魅了したエーコが、ふたたび中世を舞台に放つ物語。時は十字軍の時代。神聖ローマ皇帝フリードリヒの養子となった農民の子バウドリーノが語りだす数奇な生涯とは。言語の才に恵まれ、語る嘘がことごとく真実となってしまうバウドリーノの、西洋と東洋をまたにかけた冒険が始まる。
4103252316写楽 閉じた国の幻
島田 荘司
新潮社 2010-06
自己評価:傑作
  • 第二位『このミステリーがすごい!』(2011)
  • 第三位『ミステリが読みたい!』(2011)
  • 第六位『週刊文春ミステリーベスト10』(2010)
  • 第七位『本格ミステリ・ベスト10』(2011)

わずか十ヶ月間の活躍、突然の消息不明。写楽を知る同時代の絵師、板元の不可解な沈黙。錯綜する諸説、乱立する矛盾。歴史の点と線をつなぎ浮上する謎の言葉「命須照」、見過ごされてきた「日記」、辿りついた古びた墓石。史実と虚構のモザイクが完成する時、美術史上最大の迷宮事件の「真犯人」が姿を現す。
40479162344047916242ロスト・シンボル 上
ロスト・シンボル 下
ダン・ブラウン
角川書店 2010-03-03
自己評価:普通

ハーヴァード大で教鞭を執るラングドンに旧友から連絡が入る。フリーメイソン最高位の資格を持つスミソニアン協会会長ピーター・ソロモンからで、急遽講演の代役を頼みたいという。会場である連邦議会議事堂に駆けつけるが、そこにピーターの姿はなく、切断された右手首が…。ピーターを人質に取った謎の男は、ラングドンに“古の門”を探せと命じる。
4150727015時の娘
ジョセフィン・テイ
早川書房 1977-06-30
自己評価:普通

英国史上最も悪名高い王、リチャード三世――彼は本当に残虐非道を尽した悪人だったのか? 退屈な入院生活を送るグラント警部はつれづれなるままに歴史書をひもとき、純粋に文献のみからリチャード王の素顔を推理する。安楽椅子探偵ならぬベッド探偵登場。探偵小説史上に燦然と輝く歴史ミステリ不朽の名作。
408771294X道絶えずば、また
松井今朝子
集英社 2009-07-03
自己評価

江戸歌舞伎の中心であった中村座は太夫元の十一代目中村勘三郎と立女形の荻野沢之丞が皆をまとめ、その地位を守ってきた。しかし沢之丞が老いて引退を表明し、現役最後の舞台の上で不審な死を遂げる。疑われた大道具方の甚兵衛が首を吊った姿で見つかり、沢之丞の跡目として有力視されている次男・宇源次に疑いの目が向けられた。北町奉行所同心・薗部理市郎が探索に当たるも糸口が掴めない。多彩な人物の生き方のなかに芸の理を説く長編時代ミステリ。
434401295X吉原手引草
松井 今朝子
幻冬舎 2007-03
評価

廓遊びを知り尽くしたお大尽を相手に一歩も引かず、ついに本気にさせた、若き花魁葛城。一夜にしてその名は吉原中にとどろいた。十年に一度、五丁町一を謳われ、全盛を誇っていく葛城。越後の縮問屋への身請け話も決まり、まさに絶頂を極めたその時、葛城は神隠しにでも遭ったように消えてしまった。一体何が起こったのか。十七人の重い口が語りだす。紋日の華やぎ、男女の仮そめ芝居、女郎の悲惨……。嘘と真の舞台を生きる人々の息づかいの狭間に見えてきた事件の真相とは?
40479145684047914576天使と悪魔(上)
天使と悪魔(下)
ダン・ブラウン
角川書店 2003-10-31
自己評価

ハーヴァード大の図像学者ラングドンはスイスの科学研究所長から電話を受け、ある紋章についての説明を求められる。それは十七世紀にガリレオが創設した科学者たちの秘密結社“イルミナティ”の伝説の紋章だった。紋章は男の死体の胸に焼印として押されていたのだという。殺された男は、最近極秘のうちに大量反物質の生成に成功した科学者だった。反物質はすでに殺人者に盗まれ、密かにヴァチカンに持込まれていた―。
4150411115聖なる暗号
ビル・ネイピア
早川書房 2006-03
自己評価

古書と古地図の販売を営むハリーは、地元の名士から古い原稿の鑑定を依頼された。それは暗号で書かれた手記で、この手記を狙って怪しげな人物が次々と現われ、依頼主が謎の死を遂げた。ハリーは航海史を研究する女性とともに手記の解読を進め、その内容に驚愕する。手記は16世紀の少年の航海記録で、ヨーロッパを揺るがす暗闘とキリスト教最大の遺物の存在が記されていたのだ。過去と現在を結ぶ壮大な謎を描いた話題作。
414005493X4140054948ヒストリアン・I
ヒストリアン・II
エリザベス・コストヴァ
日本放送出版協会 2006-02-22
自己評価

少女はある夜遅く、父の書斎で一冊の古い「本」を見つけた。竜の挿絵がひとつある以外は何も印刷されていない奇妙な本、そして「不運なるわが後継者へ」という書きだしの宛名のない手紙の束だった。娘がそれを見つけてしまったことを知った父は、ヨーロッパ各地の史跡へ娘を連れ出した。旅先で父がぽつりぽつりと語りはじめたのは、彼の学生時代の物語だった。敬愛していた歴史学の恩師は、ある日「竜の本」にまつわるすべての資料を教え子に託し、突然失踪してしまったという。恩師の残した手掛かりは、15世紀に実在した東欧ワラキアの領主、「ドラキュラ」こと「ヴラド公」に関する資料だった。彼はどこへ消えたのか? 国境を越え、時間を超え、そして世代を超えて、闇に葬られた史実に挑むヒストリアン(歴史学者)たちの命がけの物語。
4789728331コーデックス
レヴ・グロスマン
ソニーマガジンズ 2006-03
自己評価

休暇中に公爵家の蔵書を整理することになった銀行員のエドワード。そこには『キムメリア人の国への航海』という、14世紀に書かれた幻の古写本があるはずだという。もしそれが発見されればものすごい価値を持つという書物だ。いったいそれはどんな書物なのか? 本当にここにあるのか? そしてなぜ公爵夫人はそれを捜しているのか? エドワードは中世学専攻の女子学生マーガレットの力を借りて、すべての謎解きに挑むのだが…。
4532170672信長の棺
加藤 廣
日本経済新聞社 2005-05-25
自己評価
  • 第六位『週刊文春ミステリー・ベスト10』(2005)

本能寺の変後、信長はどこへ消えたか―。光秀謀反にちらつく秀吉の陰謀。阿弥陀寺の僧侶が握る秘密の鍵。そして、主人公・太田牛一が最後につかんだ驚愕の事実とは。日本史最大の謎に挑んだ本格歴史ミステリー。
406275021X4062750392悠久の窓(上)
悠久の窓(下)
ロバート・ゴダード
講談社 2005-03-16
自己評価
  • 第七位『文庫翻訳ミステリー・ベスト10』(2005)

老父が1人で暮らしている家を買い取りたい――伝説のステンドグラスを探している大富豪の提案に息子たちは色めきたった。だが頑固な父親は皆の説得を拒否した挙げ句、階段から落ちて死亡。続いて兄も亡くなった。おまけに家を売買する話も全く架空であったことが判明。これほど手の込んだ罠を仕掛けたのは誰か。ビザンティン帝国最後の皇帝の末裔といわれる一家を襲う悲劇。ゴダードが作り上げた歴史ミステリーの大伽藍。
CATEGORY
TAG CLOUD
COMMENTS
TRACKBACKS
TRACKBACK PEOPLE
LINKS