TAG : 論理的推理

狩人の悪夢
有栖川 有栖
KADOKAWA 2017-01-28
自己評価:

人気ホラー作家・白布施に誘われ、ミステリ作家の有栖川有栖は、彼の家「夢守荘」を訪問することに。そこには、「眠ると必ず悪夢を見る部屋」があるという。しかしアリスがその部屋に泊まった翌日、白布施のアシスタントが住んでいた「獏ハウス」と呼ばれる家で、右手首のない女性の死体が発見される。臨床犯罪学者・火村と、相棒のミステリ作家・アリスが、悪夢のような事件の謎を解き明かす。
屋上の道化たち
島田 荘司
講談社 2016-04-26
自己評価:

まったく自殺する気がないのに、その銀行ビルの屋上に上がった男女は次々と飛びおりて、死んでしまう。いったい、なぜ? あまりにも不可思議な謎を解き明かせるのは、名探偵・御手洗潔しかいない。「読者への挑戦」も組み込まれた、御手洗潔シリーズ50作目にあたる書き下ろし傑作長編。
  • 第八位『週刊文春ミステリーベスト10』(2016)
  • 第八位『本格ミステリ・ベスト10』(2017)
鍵の掛かった男
有栖川 有栖
幻冬舎 2015-10-08
自己評価:

大阪・中之島の“銀星ホテル”で梨田稔が死んだ。警察は自殺と断定。しかし同ホテルを定宿にする女流作家・影浦浪子は納得できず、その死の謎の解明をミステリ作家の有栖川有栖とその友人の犯罪社会学者・火村英生に依頼。が、調査は難航。梨田は身寄りがない上、人物像は闇の中で、その人生は「鍵の掛かった」としか言いようがなかった。
  • 第五位『週刊文春ミステリーベスト10』(2015)
  • 第六位『ミステリが読みたい!』(2017)
  • 第七位『本格ミステリ・ベスト10』(2016)
  • 第八位『このミステリーがすごい!』(2016)
警官の騎士道
ルーパート・ペニー
論創社 2013-10
自己評価:

事件現場は密室状態。凶器は被害者のコレクション。そして容疑者たちにはアリバイが…。サー・レイモンド・エヴェレットを殺害した犯人は誰なのか? 秀逸なトリックと緻密なロジックによる本格ミステリの傑作。
  • 第十位『本格ミステリ・ベスト10』(2014)
列車に御用心 (論創海外ミステリ)
エドマンド・クリスピン
論創社 2013-03
自己評価:

人間消失、アリバイ偽装、密室の謎。名探偵フェン教授が難事件に挑む。「クイーンの定員」にも選ばれたロジカルな謎解き輝く傑作短編集。
  • 第一位『本格ミステリ・ベスト10』(2014)
百年祭の殺人
マックス・アフォード
論創社 2013-05
自己評価:

巧妙なトリックと鮮烈なロジック。ブラックバーン教授、連続猟奇殺人に挑む。"オーストラリアのJ・D・カー"が贈る密室ファン必読の傑作。
  • 第二位『本格ミステリ・ベスト10』(2014)
九尾の猫
エラリイ・クイーン
早川書房 1978-07
自己評価:

手当たり次第に殺人を犯し、ニューヨーク全市を恐怖にたたきこむ連続絞殺魔<猫>。その冷酷な犯行には動機もなく、目撃者もいない。唯一の証拠は、犠牲者の首に結びつけられた凶器の絹紐だけだった。父のクイーン警視をたすけ、この影なき殺人者を追うエラリイ。恐るべき連続殺人をつなぐ鎖の輪を求めて、エラリイと<猫>との息づまる頭脳戦が展開される。
4408536113煽動者
石持 浅海
実業之日本社 2012-09-20
自己評価:

そのテロ組織の目的は、流血によらず現政府への不信感を国民に抱かせること。メンバーは一般人を装い週末だけミッションを実行し、お互い、本名も素性も知らない。週末、兵器製造のため軽井沢の施設に招集されたのは八人。ところが作戦会議終了後、一人が謀殺された。施設は部外者の侵入は不可能、犯人はメンバーの誰か。週明けには一般人に戻らなければならない刻限下、犯人推理の頭脳戦が始まった――。
4061827383奇面館の殺人
綾辻 行人
講談社 2012-01-06
自己評価:秀作

奇面館主人・影山逸史に招かれた六人の男たち。館に伝わる奇妙な仮面で全員が“顔”を隠すなか、妖しく揺らめく“もう一人の自分”の影…。季節外れの吹雪で館が孤立したとき、“奇面の間”に転がった凄惨な死体は何を語る? 前代未聞の異様な状況下、名探偵・鹿谷門実が圧巻の推理を展開する。名手・綾辻行人が技巧の限りを尽くして放つ「館」シリーズ、直球勝負の書き下ろし最新作。

  • 第三位『本格ミステリ・ベスト10』(2013)
  • 第七位『週刊文春ミステリーベスト10』(2012)
  • 第八位『ミステリが読みたい!』(2013)
  • 第九位『このミステリーがすごい!』(2013)
4334749461アリバイ崩し
鮎川 哲也
光文社 2011-05-12
自己評価:普通

大阪・枚方のアパートで女性が殺害された。恋人が容疑者としてほぼ確定していたが、スクープを狙う新聞記者の私は、事件を追ううちに真犯人と思しき人物に辿りついた。しかし、彼には二重のアリバイが―(「北の女」)。堅物刑事が鉄壁のアリバイに挑む「汚点」ほか凝縮された鮎川ミステリー短編五編。
4334747353砂の城―鬼貫警部事件簿
鮎川 哲也
光文社 2010-02-09
自己評価:普通

早朝の鳥取砂丘に突き出た“足”。マネキンかと思われたその足は女性のものだった。被害者は高校の女性教師、一緒にいたはずの男は失踪していた。容疑者として浮かんだのは、かつて被害者と交際していた画家。しかしその男には鉄壁のアリバイが。捜査は行き詰まり、鬼貫に依頼がきた。
4488220037ディーン牧師の事件簿
ハル・ホワイト
東京創元社 2011-01-08
自己評価:普通

屋敷を相続した五人兄弟を襲う“足跡のない”連続殺人、密室状態のアパートから消えた狙撃者、教会で行われた聖餐式の最中の毒殺…元牧師の名探偵ディーン先生が六つの難事件に挑む、不可能犯罪連作短編集。

  • 第五位『本格ミステリ・ベスト10』(2012)
4103252316写楽 閉じた国の幻
島田 荘司
新潮社 2010-06
自己評価:傑作
  • 第二位『このミステリーがすごい!』(2011)
  • 第三位『ミステリが読みたい!』(2011)
  • 第六位『週刊文春ミステリーベスト10』(2010)
  • 第七位『本格ミステリ・ベスト10』(2011)

わずか十ヶ月間の活躍、突然の消息不明。写楽を知る同時代の絵師、板元の不可解な沈黙。錯綜する諸説、乱立する矛盾。歴史の点と線をつなぎ浮上する謎の言葉「命須照」、見過ごされてきた「日記」、辿りついた古びた墓石。史実と虚構のモザイクが完成する時、美術史上最大の迷宮事件の「真犯人」が姿を現す。
4150727015時の娘
ジョセフィン・テイ
早川書房 1977-06-30
自己評価:普通

英国史上最も悪名高い王、リチャード三世――彼は本当に残虐非道を尽した悪人だったのか? 退屈な入院生活を送るグラント警部はつれづれなるままに歴史書をひもとき、純粋に文献のみからリチャード王の素顔を推理する。安楽椅子探偵ならぬベッド探偵登場。探偵小説史上に燦然と輝く歴史ミステリ不朽の名作。
4846009114警官の証言
ルーパート・ペニー
論創社 2009-12
自己評価:普通

競売会で競り落とした一冊の古書から、ある屋敷に財宝が隠されていることが明らかになった。アデア少佐はメンバーを集めて宝探しを始める。ほどなく財宝の一部と見られる宝石が見つかったが、その直後に少佐は密室で殺害される。第一部はワトスン役のアントニー・パードンの一人称で、第二部はビール主任警部の一人称で描かれており、それが密室トリックに関係している緻密に計算された英国本格ミステリ。

  • 第四位『本格ミステリ・ベスト10』(2011)
4535585601風の時/狼の時 (天城一傑作集 4)
天城 一
日本評論社 2009-04
自己評価:まあまあ

2007年に亡くなった、本格ミステリ大賞作家・天城一の傑作集。表題作をはじめとする長編2本と、未発表作品を含む短編12本を収録。自作解説、編者解題等も掲載。
4150018200虎の首
ポール・アルテ
早川書房 2009-01-09
評価
  • 第三位『本格ミステリ・ベスト10』(2010)

休暇から戻ったツイスト博士を出迎えたのは、事件捜査で疲れきったハースト警部だった。郊外のレドンナム村で、次いでロンドンで、切断された女性の手足がスーツケースに詰められて発見されたのだ。事件に興味を抱いた博士だが、自分のスーツケースを開いたとたん、顔色が変わった。いっぽう、レドンナム村では奇怪な密室殺人が起きていた。インド帰りの元軍人が密室で殴殺されたのだ。怪奇と論理の華麗なる二重奏。
4163276106聖女の救済
東野 圭吾
文藝春秋 2008-10-23
自己評価
  • 第四位『本格ミステリ・ベスト10』(2009)
  • 第五位『週刊文春ミステリーベスト10』(2008)

「これは完全犯罪だ」── 男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていた妻には鉄壁のアリバイがあった。草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。湯川が推理した真相は…虚数解。理論的には考えられても、現実的にはありえない。
4334926185妃は船を沈める
有栖川有栖
光文社 2008-07-18
自己評価
  • 第七位『本格ミステリ・ベスト10』(2009)

所有者の願い事を3つだけ、かなえてくれる「猿の手」。“妃”と綽名される女と、彼女のまわりに集う男たち。危うく震える不穏な揺り篭に抱かれて、彼らの船はどこへ向かうのだろう。―─何を願って眠るのだろう。臨床犯罪学者・火村英生が挑む、倫理と論理が奇妙にねじれた難事件。
4846007553ビーコン街の殺人
ロジャー・スカーレット
論創社 2007-12
評価

ビーコン街の屋敷のパーティーに招待された弁護士アンダーウッド。彼が帰宅しようとしたそのとき、女性の悲痛な叫び声がした。屋敷の主人サットンが二階の一室で銃殺されたのだ。部屋の中には婦人がおり、傍らには銃があった。当然彼女に容疑がかけられる。簡単に解決する事件と思われたが……。本格派スカーレットのデビュー作を初完訳。
4488012272女王国の城
有栖川 有栖
東京創元社 2007-09
自己評価
  • 第一位『本格ミステリ・ベスト10』(2008)
  • 第一位『週刊文春ミステリーベスト10』(2007)
  • 第三位『このミステリーがすごい!』(2008)

舞台は、急成長の途上にある宗教団体の聖地、神倉。大学に顔を見せない部長を案じて、推理小説研究会の後輩アリスは江神二郎の下宿を訪れる。室内には神倉へ向かったと思しき痕跡。様子を見に行こうと考えたアリスにマリアが、そして就職活動中の望月、織田も同調、4人はレンタカーを駆って木曾路をひた走る。〈城〉と呼ばれる総本部で江神の安否は確認したものの、思いがけず殺人事件に直面。外界との接触を阻まれ囚われの身となった一行は決死の脱出と真相究明を試みるが、その間にも事件は続発し……。
4150018014狂人の部屋
ポール・アルテ
早川書房 2007-06
自己評価
  • 第一位『本格ミステリ・ベスト10』(2008)
  • 第三位『ミステリが読みたい!』(2008)
  • 第七位『このミステリーがすごい!』(2008)

ハットン荘のその部屋には、忌まわしい過去があった。百年ほど前、部屋に引きこもっていた文学青年が怪死したのだ。死因はまったくの不明。奇怪なことに、部屋の絨毯は水でぐっしょりと濡れていた……以来、あかずの間となっていた部屋を現在の当主ハリスが開いた途端に、怪事が屋敷に襲いかかった。ハリスが不可解な状況のもとで部屋の窓から墜落死し、その直後に部屋の中を見た彼の妻が卒倒したのだ。しかも、部屋の絨毯は百年前と同じように濡れていた。はたして部屋で何が起きたのか? さすがのツイスト博士も困惑する、奇々怪々の難事件。
4535584850離れた家―山沢晴雄傑作集 日下三蔵セレクション
山沢 晴雄 日下 三蔵
日本評論社 2007-06
自己評価
  • 第四位『ミステリが読みたい!』(2008)
  • 第五位『本格ミステリ・ベスト10』(2008)
  • 第六位『このミステリーがすごい!』(2008)

一部で高く評価されながら、これまで一度も単行本化されなかった「幻の推理作家」。緻密な構成が生み出す、マジックを堪能せよ。
4488434029退職刑事 (1)
都筑 道夫
東京創元社 2002-09
評価

かつては硬骨の刑事、今や恍惚の境に入りかけた父親に、現職刑事の息子が捜査中の事件を語ると、父親はたちまち真相を引き出す。曰く男物の下着ひとつで死んでいた女、また曰く壜づめの密室作人。論理のアクロバットを駆使した国産《安楽椅子探偵小説》定番中の定番として揺るぎない地位を占める、名シリーズ第一集。
4334733441針の誘い―千草検事シリーズ
土屋 隆夫
光文社 2002-07
評価

路原製菓社長の長女でまだ一歳のミチルが誘拐された。身代金の受け渡し場所で母親の里子が衆人環視の中で殺害された事件は意外な方向へ…。目撃者までいるというのに、犯人像が浮かび上がってこない──トリック、意外性、論理性、独創性、そして文学性に溢れた傑作本格推理小説。
4488408052皆殺しパーティ
天藤 真
東京創元社 1997-03
評価

地方都市を牛耳る事業王吉川太平に殺人予告が届く。その陰謀を偶然耳にした青年は容疑者を追うが、逆に襲われ殺されてしまう。彼のガールフレンド三村早苗は、太平の押しかけ秘書となって真犯人追及に乗り出すが…。非情ともいえる独裁者吉川の家庭内の人間関係は複雑に絡み合い、殺人予告が引き金となったかのように惨劇が相次ぐ。二転三転する犯人像、はたしてその真相は。
4488408060殺しへの招待
天藤 真
東京創元社 1997-05
評価

わたしは夫であるあなたを殺します。女であれば誰しもが夫に抱く憎悪が、殺人にまでふくれあがったからです……。五人の男に届いた妻からの殺人予告状。本命の標的はその内の一人なのだが、それが自分でないと言い切れない夫たちは戦々兢々、疑心暗鬼に陥りながらも対策に頭をひねる。追いつめられた男たちの前で事件は二転三転し……。
406136135X殺しの双曲線
西村 京太郎
講談社 1979-05
自己評価

差出人不明で、東北の山荘への招待状が六名の男女に届けられた。彼らは半信半疑で出かけて行く。雪に埋もれ、幸福感に酔っていた彼らはやがて恐怖のどん底に突き落とされた。殺人が発生したのだ。しかも順々に……。クリスティ女史の名作「そして誰もいなくなった」に、異色の様式で挑戦する本格推理長篇。
4336044430魔王の足跡
ノーマン・ベロウ
国書刊行会 2006-01
自己評価
  • 第一位『本格ミステリ・ベスト10』(2007)

ある雪の朝、英国の田舎町ウィンチャムに謎の足跡が出現した。まっさらな新雪に覆われた道の中央に突如現れた蹄の足跡を辿る一行は、野原の真ん中に立つ一本のオークの木へ行き着き、大枝からぶら下がった男の死体を発見する。蹄の足跡はそこでぷっつりと途切れ、足跡の主はそこから虚空へ飛び立ったとしか思えない状況だった。しかも、問題の木には、昔魔女が縛り首になったという伝説があるという。怪奇趣味満点の不可能犯罪派ノーマン・ベロウ、本邦初紹介。
433470123X九十九点の犯罪―あなたも探偵士になれる
土屋 隆夫
光文社 1985-03
自己評価

あなたも事件の謎を解いて探偵士の資格をとりませんか?と挑戦する謎解き短編集。
CATEGORY
TAG CLOUD
COMMENTS
TRACKBACKS
TRACKBACK PEOPLE
LINKS