CATEGORY : MY BEST

この世の春 上
この世の春 下
宮部 みゆき
新潮社 2017-08-31
自己評価:

時は宝永七年(1710年)江戸時代半ば。下野北見藩二万石に政変が起きる。若き六代藩主・北見若狭守重興が病重篤につき隠居するが、真相は主君押込(家の存続のため、行跡の悪い主君を強制的に監禁すること)であり、原因は重興の心の病だという。目鼻を持たぬ仮面に怯える青年は、恐怖の果てにひとりの少年をつくった。悪が幾重にも憑依した一族の救世主に、この少年はなりうるのか――。
そして誰もいなくなった
アガサ・クリスティー
早川書房 2003-10
自己評価:

さまざまな職業、年齢、経歴の十人がU・N・オーエンと名乗る富豪からインディアン島に招待された。しかし、肝心の招待主は姿を見せず、客たちが立派な食卓についたとき、どこからともなく客たちの過去の犯罪を告発してゆく声が響いてきた。そして童謡のとおりに、一人また一人と…ミステリの女王の最高傑作。
ミスター・メルセデス(上)
ミスター・メルセデス(下)
スティーヴン・キング
文藝春秋 2016-08-22
自己評価:

かつて暴走車で多数の人々を無差別に死傷させて逃走した殺人鬼。いまそいつからの挑発の手紙が退職刑事ホッジズのもとに届いた。退職以来、生きる目的を見失っていたホッジズは、新たな犯行を阻止すべく猟犬魂を甦らせて立ち上がる。
  • 第二位『ミステリが読みたい!』(2017)
  • 第三位『週刊文春ミステリーベスト10』(2016)
  • 第三位『このミステリーがすごい!』(2017)
ザ・カルテル (上)
ザ・カルテル (下)
ドン・ウィンズロウ
KADOKAWA/角川書店 2016-04-23
自己評価:

麻薬王アダン・バレーラが脱獄し、身を潜めるDEA捜査官アート・ケラーの首には法外な賞金が賭けられた。玉座に返り咲いた麻薬王は、血なまぐさい抗争を続けるカルテルをまとめあげるべく動きはじめる。一方、アメリカもバレーラを徹底撲滅すべく精鋭部隊を送り込み、壮絶な闘いの幕が上がる。圧倒的な怒りの熱量で、読む者を容赦なく打ちのめす。21世紀クライム・サーガの最高傑作。
  • 第二位『このミステリーがすごい!』(2017)
  • 第四位『ミステリが読みたい!』(2017)
  • 第四位『週刊文春ミステリーベスト10』(2016)
海賊女王(上)
海賊女王(下)
皆川 博子
光文社 2013-08-22
自己評価:

16世紀。スコットランドの高地に牧童として生まれたアラン・ジョスリンは、17歳で戦士集団に加わり、アイルランドに渡る。そこで出会ったのは、オマリーの氏族の猛々しくも魅力的な男たちと、赤い縮れ毛を短く切った、10歳の少女グローニャ。闘いと航海に明け暮れる、波瀾の日々の幕開けだった。アイルランドの女海賊の凄まじき生涯に挑む、海洋冒険歴史巨編。
ジャッカルの日
フレデリック・フォーサイス
角川書店 1979-06-10
自己評価:

暗号名ジャッカル──ブロンド、長身、ひきしまった体躯のイギリス人。プロの暗殺屋であること以外、本名も年齢も不明。警戒網を破りパリへ…標的はドゴール。計画実行日“ジャッカルの日”は刻々と迫る。
410375012Xソロモンの偽証 第III部 法廷
宮部 みゆき
新潮社 2012-10-11
自己評価:

この裁判は仕組まれていた!? 最後の証人の登場に呆然となる法廷。その証人はおずおずと証言台に立った。瞬間、真夏の法廷は沸騰し、やがて深い沈黙が支配していった。事件を覆う封印が次々と解かれてゆく。告発状の主も、クリスマスの雪道を駆け抜けた謎の少年も、死を賭けたゲームの囚われ人だったのだ。見えざる手がこの裁判を操っていたのだとすれば……。驚愕と感動の評決が、今下る。

  • 第二位『週刊文春ミステリーベスト10』(2012)
  • 第二位『このミステリーがすごい!』(2013)
416381840564(ロクヨン)
横山 秀夫
文藝春秋 2012-10-26
自己評価:

昭和64年に起きたD県警史上最悪の誘拐殺害事件「64」。長官視察を巡り、刑事部と警務部が全面戦争に突入。その理由とは? 広報・三上は己の真を問われる。究極の警察小説。

  • 第一位『週刊文春ミステリーベスト10』(2012)
  • 第一位『このミステリーがすごい!』(2013)
  • 第二位『ミステリが読みたい!』(2014)
4103750111ソロモンの偽証 第II部 決意
宮部 みゆき
新潮社 2012-09-20
自己評価:

保身に身を窶す教師たちに見切りをつけ、一人の女子生徒が立ち上がった。校舎を覆う悪意の雲を拭い去り、隠された真実を暴くため、学校内裁判を開廷しよう。教師による圧力に屈せず走り出す数名の有志たち。そして他校から名乗りを上げた弁護人の降臨。その手捌きに一同は戦慄した……。

  • 第二位『週刊文春ミステリーベスト10』(2012)
  • 第二位『このミステリーがすごい!』(2013)
4488024939双頭のバビロン
皆川 博子
東京創元社 2012-04-21
自己評価:傑作

結合双生児として生まれたゲオルクとユリアンの波瀾に満ちた数奇な人生。交錯しては離れていく二人の運命は、それぞれの戦場へと導かれてゆく―。動乱の1920年代、野心と欲望が狂奔する聖林と、鴉片と悪徳が蔓延する上海。二大魔都で展開する壮大かつ謎に満ちた、絢爛豪華なオペレッタ。
4488013368犯罪
フェルディナント・フォン・シーラッハ
東京創元社 2011-06-11
自己評価:傑作

弁護士の「私」が遭遇した11の異様な“犯罪”。高名な刑事事件弁護士である著者が現実の事件に材を得て、異様な罪を犯した人間たちの哀しさ、愛おしさを鮮やかに描きあげた珠玉の連作短篇集。

  • 第二位『ミステリが読みたい!』(2012)
  • 第二位『このミステリーがすごい!』(2012)
  • 第二位『週刊文春ミステリーベスト10』(2011)
4048741837ジェノサイド
高野 和明
角川書店 2011-03-30
自己評価:傑作

創薬化学を専攻する大学院生・研人のもとに死んだ父からのメールが届く。傭兵・イエーガーは不治の病を患う息子のために、コンゴ潜入の任務を引き受ける。二人の人生が交錯するとき、驚愕の真実が明らかになる――。

  • 第一位『このミステリーがすごい!』(2012)
  • 第一位『週刊文春ミステリーベスト10』(2011)
  • 第四位『ミステリが読みたい!』(2012)
44882091064488209114五番目の女 (上)
五番目の女 (下)
ヘニング・マンケル
東京創元社 2010-08-28
自己評価:傑作

父親とのローマ旅行は予想外に楽しかった。休暇が終わって仕事に戻ったヴァランダーを待ち受けていたのは、花屋の家宅侵入の通報だった。店主は旅行中で盗まれたものはない。次は一人暮らしの老人が失踪した疑いがあるとの訴え。一見些細な二つの事件。だが老人が串刺しの死体で発見されるに至り、事件は恐るべき様相を見せはじめる。
4103252316写楽 閉じた国の幻
島田 荘司
新潮社 2010-06
自己評価:傑作
  • 第二位『このミステリーがすごい!』(2011)
  • 第三位『ミステリが読みたい!』(2011)
  • 第六位『週刊文春ミステリーベスト10』(2010)
  • 第七位『本格ミステリ・ベスト10』(2011)

わずか十ヶ月間の活躍、突然の消息不明。写楽を知る同時代の絵師、板元の不可解な沈黙。錯綜する諸説、乱立する矛盾。歴史の点と線をつなぎ浮上する謎の言葉「命須照」、見過ごされてきた「日記」、辿りついた古びた墓石。史実と虚構のモザイクが完成する時、美術史上最大の迷宮事件の「真犯人」が姿を現す。
40627518444062751852暗く聖なる夜(上)
暗く聖なる夜(下)
マイクル・コナリー
自己評価:傑作
  • 第一位『週刊文春ミステリーベスト10』(2005)
  • 第二位『このミステリーがすごい!』(2006)

ハリウッド署の刑事を退職し、私立探偵となったボッシュには、どうしても心残りな未解決事件があった。ある若い女性の殺人と、その捜査中目の前で映画のロケ現場から奪われた200万ドル強盗。独自に捜査することを決心した途端にかかる大きな圧力、妨害──事件の裏にはいったい何が隠されているのか。
40627639234062763931リンカーン弁護士〈上〉
リンカーン弁護士〈下〉
マイクル・コナリー
講談社 2009-06-12
自己評価:傑作
  • 第九位『週刊文春ミステリーベスト10』(2009)
  • 第十位『このミステリーがすごい!』(2010)

高級車の後部座席を事務所代わりにロサンジェルスを駆け巡り、細かく報酬を稼ぐ刑事弁護士ミッキー・ハラー。収入は苦しく誇れる地位もない。そんな彼に暴行容疑で逮捕された資産家の息子から弁護依頼が舞い込んだ。久々の儲け話に意気込むハラーだが…。警察小説の名手が挑む迫真のリーガル・サスペンス。
4042823041404282305X犬の力 上
犬の力 下
ドン・ウィンズロウ
角川書店 2009-08-25
自己評価
  • 第一位『このミステリーがすごい!』(2010)
  • 第二位『週刊文春ミステリーベスト10』(2009)
  • 第五位『ミステリが読みたい!』(2010)

メキシコの麻薬撲滅に取り憑かれたDEAの捜査官アート・ケラー。叔父が築くラテンアメリカの麻薬カルテルの後継バレーラ兄弟。高級娼婦への道を歩む美貌の不良学生ノーラに、やがて無慈悲な殺し屋となるヘルズ・キッチン育ちの若者カラン。彼らが好むと好まざるとに関わらず放り込まれるのは、30年に及ぶ壮絶な麻薬戦争。米国政府、麻薬カルテル、マフィアら様々な組織の思惑が交錯し、物語は疾走を始める。

44882090684488209076目くらましの道 上
目くらましの道 下
ヘニング・マンケル
東京創元社 2007-02-10
自己評価
  • 第六位『ミステリが読みたい!』(2008)
  • 第九位『このミステリーがすごい!』(2008)

夏の休暇を楽しみに待つ、イースタ署のヴァランダー警部。そんな平和な夏のはじまりは、一本の電話でひっくり返された。呼ばれて行った先の菜の花畑で、少女が焼身自殺。目の前で少女が燃えるのを見たショックに追い打ちをかけるように、事件発生の通報が。殺されたのは元法務大臣。背中を斧で割られ、頭皮の一部を髪の毛ごと剥ぎ取られていた。そして事件はこれだけでは終わらなかった。CWA賞受賞、スウェーデン警察小説の金字塔。
4150012873ママは何でも知っている
ジェイムズ・ヤッフェ
早川書房 1979-01
自己評価

毎週金曜日にブロンクスのママの家で開かれる夕食会は、殺人課刑事のデイビッドにとっては貴重な夜だ。なにしろママときたら、警察を何週間もきりきりまいさせている難事件を、話を聞いただけでいとも簡単に解決してしまうのだから――安楽椅子探偵〈ブロンクスのママ〉登場。表題作ほか七篇の本格ミステリ短篇を収録。
4894567024オイディプスの刃
赤江 瀑
角川春樹事務所 2000-06
自己評価

夏の光が明るくかがやく日の午後、大迫家に惨劇が起こった。庭の赤いハンモックに寝ていた刀研師・秋浜泰邦の若い肉体を、名刀「次吉」が切り裂いた。息子からそれを知らされた母は、同じ刃で胸を突いた。一方父は、罪をかぶるために割腹自殺を遂げたのだった。三人の死は、残された異母兄弟三人の運命を狂わせる。魔性の名刀「次吉」に魅入られた者たちの行きつく果てを妖美華麗な世界に描く、傑作長篇。
4894564742夜よ鼠たちのために―連城三紀彦傑作推理コレクション
連城 三紀彦
角川春樹事務所 1998-11
自己評価

世田谷の某総合病院にかかってきた脅迫電話に呼び出された医師とその娘婿が相次いで殺害された―白衣を着せられ、首には針金が二重に巻きつけられているという奇妙な姿で…。妻の復讐のために次々と殺人を犯していく一人の男の執念を描いた表題作をはじめ、意外な結末の余韻が心を打つ、サスペンス・ミステリーの傑作全九篇を収録した短篇集。
4041356288妖異金瓶梅
山田 風太郎
角川書店 1981-06
自己評価

精力絶倫の快楽主義者・西門慶は、八人の夫人と二人の美童を侍らせて、日夜、酒池肉林ともいうべき法悦の宴をひらいていた。この屋敷で、第七夫人・宋恵蓮が両足を切断された無残な屍体で発見される。はたして誰が?何のために?日本推理小説史上に残る名作「赤い靴」をはじめ、天才・山田風太郎が中国四大奇書の一つ『金瓶梅』の世界に材を採った超絶技巧の連作ミステリ全15篇。
4894564106戻り川心中
連城 三紀彦
角川春樹事務所 1998-05
自己評価

「桂川情死」「菖蒲心中」という、二つの心中未遂事件で、二人の女を死に追いやり、自らはその事件を歌に詠みあげて自害した大正の天才歌人・苑田岳葉。しかし心中事件と作品の間には、ある謎が秘められていた──。日本推理作家協会賞受賞の表題作をはじめ、花に託して、美しくも哀しい男女のはかない悲劇を詩情豊かに描き切る「花葬シリーズ」八篇を完全収録した傑作ミステリー群。
40413660384041366046ドグラ・マグラ (上)
ドグラ・マグラ (下)
夢野久作
角川書店 1976-10
自己評価

精神医学の未開の領域に挑んで、久作一流のドグマをほしいままに駆使しながら、遺伝と夢中遊行病、唯物化学と精神科学の対峙、ライバル学者の闘争、千年前の伝承など、あまりにもりだくさんの趣向で、かえって読者を五里霧中に導いてしまう。それがこの大作の奇妙な魅力であって、千人が読めば千人ほどの感興が湧くにちがいない。“日本一幻魔怪奇の本格探偵小説”とうたわれた、歴史的一大奇書。
CATEGORY
TAG CLOUD
COMMENTS
TRACKBACKS
TRACKBACK PEOPLE
LINKS