『心理学的にありえない』アダム・ファウアー

10 28, 2011
41638086044163808701心理学的にありえない 上
心理学的にありえない 下
アダム・ファウアー
文藝春秋 2011-09-13
自己評価:残念

心理アナリスト、イライジャ。天才ヴァイオリニスト、ウィンター。接点のない二人は、いま、巨大な陰謀に巻き込まれた。破滅の時へ向けて、カウントダウンは着々と進んでゆく。他人の心を操れる者たち。その1人が企む陰謀を止めねばならない。緻密な伏線と圧倒的なスピード感―そして真相はラスト4行までわからない。
人の心を感じることができる──エンパスが主人公のSFミステリ。

章ごとに、“審判の日まで○○日”と設定してあるので、デッドリミットサスペンスかと思ったら、いくら待っても審判の日が来ない。そうかと思うといきなり16年前の設定になったりで、その不明瞭な作者の意図にいらいらさせられた。

基本的にキャラありきのストーリーなので、男女二組のエピソードを焼き増して、作品のボリュームとして積み上げている。エンパスという珍味を無理に調理しようとした感じで、手間ひまかけた割には大して美味でもないし、食材の良さは引き出されていない。

話が進むごとにスケールは小さくなり、バカミスっぽい表情もちらほら見える。真相は推測できるわ謎は残るわじゃ、我慢して上下巻読んだ甲斐がないよなあ。複雑に見えるけどネタ先行型の作品だよね。
2 Comments
Cozy10.28.2011 URL [edit] 

あら、評価が低いですね(笑)
古本で見つけて、買おうかと思いましたが、何か怖くて買えませんでした。

『数学的にありえない』が好きなだけに、手を出して、火傷しても良いかもなと思ったりもします。

がる@管理人10.29.2011 URL [edit] 

だめでしたー。
“『フリンジ』で同じネタを扱ってたよなー”とか思ったらネタ先行型に見えてきて、
一気にモチベーションが下がった感じです。

前作からのリピートで、面白いと言ってるレビュワーさんが多いですよね。

なんか最近、星ふたつばっかりなんですけど。。
『エージェント6』もかろうじて星みっつだし。
ディーヴァーの007が次に控えてますが、今の流れだと読むのが恐ろしいです(笑

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
OK?
0 Trackbacks
Top
CATEGORY
TAG CLOUD
COMMENTS
TRACKBACKS
TRACKBACK PEOPLE
LINKS