『濡れた魚』/フォルカー・クッチャー

09 22, 2012
44882580344488258042濡れた魚 上
濡れた魚 下
フォルカー・クッチャー
東京創元社 2012-08-25
自己評価:

1929年、春のベルリン。風紀課にくすぶるラート警部が挑む奇怪な殺人事件、壮大な陰謀、二重三重の罠。いま最注目のドイツ・ミステリが遂に生んだ大河警察小説シリーズ第1弾。
“濡れた魚”とは、未解決事件を表す当時の隠語らしい。時代は80年以上前だが、時間のギャップを感じない。

序盤はスローペース。警察幹部を父に持つ主人公の成長モノかと思い読んでいたら、上巻後半から途端にきな臭くなってくる。陰謀が大きなくくりではあるのだが、それに端を発した二次的三次的事件の方がインパクトも強く、最終的にはこちらがメインになってくる。散らかりやすいストーリーの手綱を握って読者をスムーズに誘導させる手腕は作者の才能なのかな。

組織内のゴタゴタや、主人公が窮地に立たされる局面など、国内警察小説とよく似た印象。この時代でなければならないという理由が思い当たらず、いっそのこと現代小説でもよかったんじゃないかと思ってみたり。上巻下巻でテンポが変わってくるのが残念。特に下巻の後半は怒涛の展開。上下巻ではちと長いネタでしょうか。でも一冊だと豊富な内容がはみ出してしまうといった感じかな。全体のバランスが良くなればリピートしたいシリーズ。
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
OK?
0 Trackbacks
Top
CATEGORY
TAG CLOUD
COMMENTS
TRACKBACKS
TRACKBACK PEOPLE
LINKS