『クラッシャーズ 墜落事故調査班』/デイナ・ヘインズ

08 03, 2013
クラッシャーズ 上 墜落事故調査班
クラッシャーズ 下 墜落事故調査班
デイナ・ヘインズ
文藝春秋 2013-07-10
自己評価:

クラッシャーズとはアメリカ運輸省所属の航空機事故調査チームのことである。ポートランド近郊で旅客機が墜落した。遺体検視の専門家トムザック、元潜水艦ソナー員で音声解析の天才キキ、元ロンドン警視庁の爆薬の専門家ロビーら調査チームは現場に急行。無残な事故現場で地を這うような調査を開始するが…。圧巻の大型スリラー。
エキスパートがチームで活躍するサスペンス。香山二三郎氏は解説で「クリミナル・マインドだ」と評していたが、個人的にはCSIの方が近いのかなと思う。要するに、映像向きのがっつりエンタメ作品なのである。

初動捜査から話に引き込まれる。航空事故というと、ハイジャックだテロリストだと、動機や犯人探しに展開することが多いので、現場捜査をじっくり描いたストーリーは新鮮だった。各キャラの専門分野に絡むディテールも細かく、航空関係の小ネタものとしても読めそう。

ストーリーは後半にかけてかなりの大風呂敷。無茶振り、ご都合主義が垣間見えるけど、USAドラマで慣れっこになったよくある展開なので、なあなあで受け入れてしまうのが我ながら情けない。キャラの顔ぶれも典型的。色んな人種、タイプを揃えてみましたという感じで、犯人も裏切り者も判りやすく、謎解き要素はかなり薄い。ある女性キャラがいい味を出している。本作品の続編よりも、彼女メインのスピンオフ作品の方が期待度は高いかも。

しっかりしたアクション・エンタメだけど、航空機をテーマにしたスケール大のお話なので、映像で見た方が迫力も面白さも伝わるだろうな。文章を堪能するなら一気読みがお勧め。
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
OK?
0 Trackbacks
Top
CATEGORY
TAG CLOUD
COMMENTS
TRACKBACKS
TRACKBACK PEOPLE
LINKS