このミステリーがすごい!(2014年版)

12 15, 2013
このミステリーがすごい! 2014年版
『このミステリーがすごい!』編集部
宝島社 2013-12-09

元祖、ミステリー&エンターテインメント小説のランキングBOOKの決定版!
2013年の国内&海外のミステリー小説ベストテンに加え、
いまだから読みたい“幻の名作"ベストテン企画を初めて実施。

海外編、国内編別にTOP10をご紹介。
【海外編:OVERSEAS】
1.11/22/63(上) 11/22/63(下) スティーヴン・キング
小さな町の食堂の倉庫の穴。その先にあるのは50年以上も過去の世界。このタイムトンネルをつかえば、1963年11月22日に起きた「あの悲劇」を止められるかもしれない。JFK暗殺を阻止するため僕は過去への旅に出る。世界最高のストーリーテラーが新たに放った最高傑作。

2.遮断地区 ミネット・ウォルターズ
団地に越してきた老人と息子は小児性愛者だと疑われていた。ふたりを排除しようとする抗議デモは、十歳の少女が失踪したのをきっかけに、暴動へ発展する。封鎖された団地での二千人規模の暴動、監禁、そして殺人。血と暴力に満ちた緊迫の一日を描く、現代英国ミステリの女王の最高傑作。

3.冬のフロスト(上) 冬のフロスト(下)  R・D・ウィングフィールド
1月、デントン署管内は犯罪見本市と化していた。幼い少女が行方不明になり、売春婦が次々に殺され、フーリガンの一団が好き勝手に暴れる始末。われらがフロスト警部は、無能な部下に手を焼きつつ、人手不足の影響でまたも休みなしの活動を強いられる。大人気小説第5弾。

4.シスターズ・ブラザーズ パトリック・デウィット
粗野で狡賢い冷血漢の兄・チャーリー。普段は優しいけれど、切れると大変なことになる弟・イーライ。凄腕の殺し屋シスターズ兄弟は、雇い主の“提督”に命じられ、ある山師を消しにサンフランシスコへと旅立つ。ゴールドラッシュに沸くアメリカ西海岸、名高き殺し屋シスターズ兄弟の、目も当てられないダメな旅路。

5.夜に生きる デニス・ルヘイン
禁酒法時代末期のボストン。市警幹部の息子ながら、ギャングの手下になっていたジョーは賭博場でエマと出会う。二人は恋に落ちるが、彼女はボスの情婦だった。やがて起きる抗争。街の無法者から刑務所の囚人へ、そこからのし上がらんとする若者を待つ運命とは? 激動の時代を乗り切ろうとするギャングたちの生きざま。

6.ポーカー・レッスン ジェフリー・ディーヴァー
名探偵リンカーン・ライムに持ち込まれたプロの殺し屋による殺人。だが現場には犯人の痕跡が何もなかった。「犯人は犯罪の現場に必ず微細な証拠を残す」という原理を裏切る難事件を描く「ロカールの原理」他、多彩なドンデン返しであなたを驚愕させる16の物語。だまされる快感を満載した巨匠の短編集。

7.イン・ザ・ブラッド ジャック・カーリイ
刑事カーソンが救い出した赤ん坊は、謎の勢力に狙われていた。収容先の病院には怪しい男たちによる襲撃が相次ぐ。一方で続発する怪事件―銛で腹を刺された男の死体、倒錯プレイの最中に変死した極右の説教師。すべてをつなぐ衝撃の真相とは? 緻密な伏線とあざやかなドンデン返しを仕掛けたシリーズ第五弾。

8.終わりの感覚 ジュリアン・バーンズ
引退生活を送る男に、弁護士から手紙が届く。日記と500ポンドを遺した女性がいると。男は、その人が元恋人の母親だったことを思い出す。託されたのは、大学時代に自殺した親友の日記。だがなぜ母親のところに? ウィットあふれる優美な文章。衝撃的エンディング。記憶と時間をめぐるサスペンスフルな中篇小説。
    
9.ゴーン・ガール(上) ゴーン・ガール(下) ギリアン・フリン
ニックはNYでライターをしていたが失職し、妻エイミーとともに帰郷する。その後、彼女が謎の失踪を遂げる。ニックに不利な事実が浮上する中、彼は妻探しを始めるが、その一方で嘘を重ねるのだった。大胆な仕掛けと緻密さで描写される愛憎劇、やがて浮上する衝撃の真実とは。

10.緑衣の女 アーナルデュル・インドリダソン
住宅建設地で発見された人骨の一部。最近埋められたものではない。現場近くにはかつてサマーハウスがあり、付近には英軍や米軍のバラックもあったらしい。住民の証言の端々に現れる緑の服の女。数十年のあいだ封印されていた哀しい事件が、捜査官エーレンデュルの手で明らかになる。究極の北欧ミステリ。


【国内編:JAPAN】
1.ノックス・マシン 法月 綸太郎
上海大学のユアンは国家科学技術局からの呼び出しを受ける。彼の論文の内容について確認したいというのだ。その論文のテーマとは、探偵小説のルール、「ノックスの十戒」だった。出頭したユアンは、想像を絶する任務を投げかけられる。発表直後から絶賛された表題作を含む、珠玉の中篇集。

2.教場 長岡 弘樹
必要な人材を育てる前に、不要な人材をはじき出すための篩(ふるい)。それが、警察学校だ。白髪の教官・風間によって課される一筋縄ではいかない試練に、生徒達は翻弄されてゆく。この教官に睨まれたら、終わりだ。全部見抜かれる。誰も逃げられない。新たなる“警察学校”小説の誕生。

3.ブラックライダー 東山 彰良
ようこそ。ここは地球の歴史がいちど終わったあとの新しい世界、弱肉強食の大西部。人を食糧とする者。それを許さない者。暴れる牛。蟲の蔓延。アウトローと保安官。人と牛の子。異形の王。虐殺。征伐。慈悲。突き抜けた絶望の先に咲く、希望の花「世界」で闘える愛と暴力の暗黒大活劇。考えるな、感じろ!

4.アリス殺し 小林 泰三
複数の人間が夢で共有する〈不思議の国〉で次々起きる異様な殺人と、現実世界で起きる不審死は繋がっているらしい。大学院生の亜理は、同じ夢を見ている同学年の井森とともに、事件を調べ始めるが…。どれだけ注意深く読んでも、この真相は見抜けない。驚愕の真相にあなたも必ず騙される。鬼才が贈る本格ミステリ。

5.死神の浮力 伊坂 幸太郎
娘を殺された。相手は25人にひとりの良心を持たない人間─。七日のあいだ対象の人間を観察し、「可」か「見送り」を判定。「可」の場合八日目にその人間の死を見届ける。『死神の精度』で活躍した「千葉」が八年ぶりに帰ってきた。ちょっととぼけた死神を、今度は書き下ろし長編でお贈りする。

6.リバーサイド・チルドレン 梓崎 優
カンボジアの地を彷徨う日本人少年は、現地のストリートチルドレンに拾われた。過酷な環境下でも、そこには仲間がいて笑いがあり、信頼があった。しかしささやかな安息は、ある朝突然破られる。彼らを襲う動機不明の連続殺人。少年が苦難の果てに辿り着いた、胸を抉る真相とは? カンボジアを舞台に贈る鎮魂と再生の書。

7.リカーシブル 米澤 穂信
この町はどこかおかしい。父が失踪し、母の故郷に引越してきた姉ハルカと弟サトル。弟は急に予知能力を発揮し始め、姉は「タマナヒメ」なる伝説上の女がこの町に実在することを知る――。血の繋がらない姉と弟が、ほろ苦い家族の過去を乗り越えて田舎町のミステリーに迫る。著者2年ぶりとなる待望の長編登場。
   
8.検察側の罪人 雫井 脩介
ベテラン検事・最上と同じ刑事部に、教え子、沖野が配属されてきた。ある日、老夫婦刺殺事件が起き、最上は一人の容疑者に気づいた。すでに時効となった殺人事件の重要参考人だった。男が真犯人であるならば、今度こそ法の裁きを受けさせると決意するが、沖野が疑問を持ちはじめる。雫井ミステリ、最高傑作、誕生。

9.星籠の海 上 星籠の海 下 島田 荘司
この海には、人を喰う怪物がいる――瀬戸内海の湾に、連続して死体が流れ着く。調査を依頼された御手洗と石岡は瀬戸内へ。解決への鍵を求めて訪れた場所は、広島県の福山市だった。古からの港町に拡がる不穏な団体の影。怪事件の続く「時計仕掛けの海」に御手洗潔が挑む。

10.ロスト・ケア 葉真中 顕
介護に追い詰められていく人々、正義にしがみつく偽善者、恨みも憎しみもない殺人、正しい者は一人もいない。圧倒的な筆致で、社会の中でもがき苦しむ人々の絶望を抉り出す、堂々たる社会派、見事に裏切ってくれる本格推理、魂に揺さぶる傑作に、驚きと感嘆の声。人間の尊厳、真の善と悪を、今も生きるあなたに問う。

10.祈りの幕が下りる時 東野 圭吾
悲劇なんかじゃない これがわたしの人生。極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。夢見た舞台を実現させた女性演出家。彼女を訪ねた幼なじみが、数日後、遺体となって発見された。数々の人生が絡み合う謎に、捜査は混迷を極めるが…。東野圭吾、全身全霊の挑戦。2013年、最大のサプライズ。
2 Comments
Cozy12.17.2013 URL [edit] 

ご無沙汰しています。
結局、ゲーム生活から抜けられないまま、この季節がやってきてしましました。

が。。。
ランクインした作品の中で、「これはっ!」っていう作品はなく、全般的に無難なランキングであり、そうはいっても良作揃いだったという印象です。(海外限定)

とりあえず、
『ゴーン・ガール』
『11/22/63』
『イン・ザ・ブラッド』
『終わりの感覚』
『シスターズ・ブラザーズ』
『ノックス・マシン』
を購入しました。

『ノックス・マシン』は、初のKindleで読書してみます。
(単行本の半額だったので、電子書籍に手を出しちゃいました)

がる@管理人12.18.2013 URL [edit] 

お久しぶりです!
はい、例によっていつの間にかこの時期のパターンです。

今年は、本命なしの良作多数って感じでした。
『イン・ザ・ブラッド』が未読とは、あら意外。
『ノックス・マシン』は若干の癖アリかなー。
ミステリを読み込んでいる人に薦めたくなる一冊ですね。

余談ですが、私も某サイトモバゲーの、アイテム探しにハマっています。
課金する気はないので、毎日少しずつしか進みませんが(笑

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
OK?
0 Trackbacks
Top
CATEGORY
TAG CLOUD
COMMENTS
TRACKBACKS
TRACKBACK PEOPLE
LINKS