『IN★POCKET』 2015年文庫翻訳ミステリー・ベスト10

11 17, 2015
年末ランキングのトップ・バッターが発表されました。
昨年よりもさらに読書数が減ってしまいましたが、
今年はなかなかの豊作だったと実感してます。

今年も早いなー、ランキングWEEKまでにあと何冊読めるかなー。
そんなこんなで、『IN★POCKET』の海外ミステリランキングをご紹介。
1.判決破棄 リンカーン弁護士/マイクル・コナリー
2.もう過去はいらない/ダニエル・フリードマン
3.髑髏の檻/ジャック・カーリィ
4.ゲルマニア/ハラルド・ギルバース
5.悪魔の羽根/ミネット・ウォルターズ
6.悪意の波紋/エルヴェ・コメール
7.欺きの家/ロバート・ゴダード
8.薔薇の輪/クリスチアナ・ブランド
9.彼女のいない飛行機/ミシェル・ビュッシ
10.偽りの楽園/トム・ロブ・スミス





意外な結果になりました。
まず、『悲しみのイレーヌ』が入っていない。10月発売なので対象期間外だったのかなー。
てっきり上位にランクインするものと思ってました。

で、トップに返り咲いたのがリンカーン弁護士。
自社作品を上位にもってくる大人の事情はあるにしても、
それなら『欺きの家』の方が面白かったけど。むー、なんか納得いかないわ。
INPOCKETのランク作品は未読が多いけど、今年は八作品読んでました。ちょっと嬉しい。

文庫限定なので、この結果は今後のランキング予想のアテには出来ないかもですが、
それでも、2位、4位、5位、10位辺り入ってきそうですね。
個人的には、昨年の総ナメ状態じゃなく、
各社の個性が反映された意外性のあるランキングになればいいなー、と思ってます。
4 Comments
 仁11.18.2015 URL [edit] 

 わ~今年は入院してたのでほとんど読んで無い、しょうがない。へニングマンケルは残念でしたね。ウキぺディアで写真を観たけどまだ
 若そうだったけど。

がる@管理人11.19.2015 URL [edit] 

昨年の連城さんに続き、残念なニュースが続いてます。

公式サイトで確認すると、ヴァランダー・シリーズでは未刊の二作品とも、
ノン・シリーズでも二作品の出版予定にJapanと明記してあったので、
まだしばらくは彼の作品が読めるんだと思うと嬉しいです。

来年早々、リンダ・ヴァランダーが主役の作品が刊行されますね。楽しみです。

Cozyさん11.30.2015 URL [edit] 

いよいよ、ランキング誌の季節ですね!

コナリー、ダニエル・フリードマン、カーリイ、ウォルターズ、ゴダード、ブランド、トム・ロブ・スミスとシリーズ作ばかりではないにしろ、有名作家が多いかなと言う印象です。

ちなみに既読は3作品のみ。
オールタイムベストに手を出していたのもありますが、7月に転勤したり、2人目の子供が産まれたりして、より読書の時間がなくなっています。

がる@管理人12.01.2015 URL [edit] 

師走です。今年も早いですねー。

IN POCKETのランキングは毎年ビミョーですよね。
ランクインする作者が固定されてきた感は否めません。
番狂わせを期待してますが、なかなかそうもいかないのかな。

ご出産おめでとうございます。さらに忙しくなりそうですね。

読書時間が足りないからどうしても選り好みしちゃって、
さらに読書数が減るというスパイラルに陥った2015年でした。。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
OK?
0 Trackbacks
Top
CATEGORY
TAG CLOUD
COMMENTS
TRACKBACKS
TRACKBACK PEOPLE
LINKS