『カルニヴィア 3 密謀』/ジョナサン・ホルト

11 16, 2015
カルニヴィア 3 密謀
ジョナサン・ホルト
早川書房 2015-09-08
自己評価:

ヴェネツィアの海岸で、男性の無残な遺体が見つかった。イタリア憲兵隊の大尉カテリーナは捜査を始める。一方、世界的なSNS「カルニヴィア」の運営から手を引くことを発表したダニエーレは、激烈な反応に戸惑っていた。そこにアメリカに一時帰国していたイタリア駐留米軍の少尉ホリーが戻ってくる。同じく軍人だった父を陥れた陰謀を暴こうと、強く誓って…。それぞれの闘いを選んだ三人を待つものとは? ベストセラー三部作、最終巻。
三部作の完結編。カテリーナ、ダニエーレ、ホリーがそれぞれ自身の過去と対峙し、大きな決断を下すというテーマは完結編にふさわしい。

三者三様のスタートから始まり、後半でひとつの線に繋がるまで、別々の視点でストーリーは進む。歴史的背景とノンフィクション的な内容というのは前二作と同様だが、今回が一番ややこしかったかも。秘密結社という謎めいた組織を糸口にして陰謀の深部に迫っていくのだが、二重三重のからくりがしっかり描いてあるので、それが逆混乱する要因になってしまった。謎解きよりも背景部分での色合いが濃いので、歴史の闇で胃もたれした感が強い。作者ってイギリス人でしたよね? アメリカに対してよく思ってないのかと感じさせる部分が多かった。

さてさて主役の三人ですが、彼らの結末には色々と考えさせられた。イタリアが舞台なので、カテリーナが目立ちがちだが、ダニエーレとホリーの物語だったのかなー。最終巻にしてふたりの過去に強引に話を持って行ったようにも思えなくはないけど、まあ、こういう決着でしかしょうがないのかも。でも三作通していいシリーズだと思います。
2 Comments
 仁11.18.2015 URL [edit] 

 長すぎやっと終わった、最後に船が突っ込む
 かと思ったけど、やらないんだよな最後まで
 地味なんだよ、

がる@管理人11.19.2015 URL [edit] 

船のシーンはこのシリーズにしては派手に感じました。
史実を含んだ展開で読ませるお話なので、
地味なのは仕方ないのかも。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
OK?
0 Trackbacks
Top
CATEGORY
TAG CLOUD
COMMENTS
TRACKBACKS
TRACKBACK PEOPLE
LINKS