『その雪と血を』/ジョー・ネスボ

10 20, 2016
その雪と血を
ジョー・ネスボ
早川書房 2016-10-06
自己評価:

オーラヴ・ヨハンセンは殺し屋だ。今回の仕事は、不貞を働いているらしいボスの妻を始末すること。いつものように引き金をひくつもりだった。だが彼女の姿を見た瞬間、信じられないことが起こる。オーラヴは恋に落ちてしまったのだ……。雪降りしきる70年代のノルウェーを舞台に北欧ミステリの重鎮が描く、血と愛の物語。
  • 第九位『週刊文春ミステリーベスト10』(2016)
  • 第十位『ミステリが読みたい!』(2018)
あらすじを読むと殺し屋の禁断の恋のようにイメージしてしまうが、れっきとしたノワールです。そして拍子抜けするほど短い。

主人公の一人称でストーリーは進む。この主人公、殺しの腕はいいが欠点も多々あるという人物。そのひとつである惚れっぽさから始まって、途中でボタンを掛け違えたことから一気に転げ落ちていく。緊迫の中の緩さだったり、壮絶な過去を背負った不器用さだったり、暴力一色なのだがどことなく抜け感があるという不思議な世界観。

ラストは印象的。詩的で美しい。その時間、彼が脳裏に浮かべていた光景を思うと何も言えなくなる。短い頁数なのでその余白を活かして読後の余韻に浸るのがお勧め。終盤駆け足で読んだせいで呆気なくラストを迎えてしまったのが残念。もっとじっくり読んでおけばよかった。ジョー・ネスボ、侮れねーな。
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
OK?
0 Trackbacks
Top
CATEGORY
TAG CLOUD
COMMENTS
TRACKBACKS
TRACKBACK PEOPLE
LINKS