本格ミステリ・ベスト10(2017年度)

12 17, 2016
456205364X2017本格ミステリ・ベスト10
探偵小説研究会
原書房 2016-12-05

創刊20周年企画は「読みのプロ」たちによる保存版ベスト・オブ・ベスト・ランキング。
インタビューは『涙香迷宮』の竹本健治。
もちろん今年度最新ランキングから映画、コミック、評論書まできっちり収録、
読みたいあなたのための拡大版。

海外編、国内編別にTOP10をご紹介。
【海外編:OVERSEAS】
1.ささやく真実 ヘレン・マクロイ
悪趣味ないたずらで騒動をもたらす美女クローディア。彼女は研究室から盗みだした強力な自白剤を飲みものに混ぜてふるまい、宴を暴露大会に変えてしまう。その代償か、夜の終わりに彼女は殺害された。精神科医ウィリング博士が、指摘する真犯人は? マクロイ屈指の謎解き純度を誇る、傑作本格ミステリ。

2.二人のウィリング ヘレン・マクロイ
ある夜ウィリングが見かけた男は、「私はベイジル・ウィリング博士だ」と名乗るとタクシーで走り去った。驚いたウィリングは男の後を追って家に乗り込むが、その目の前で殺人事件が。被害者は死に際に「鳴く鳥がいなかった」という謎の言葉を残していた。発端の意外性と謎解きの興味、サスペンス横溢の本格ミステリ。

3.ミステリ・ウィークエンド パーシヴァル・ワイルド
「ミステリ・ウィークエンド」と銘打たれた冬の観光ツアー。その滞在先で客が死体で発見された。そこへあらわれたあやしげな“自称”夫婦。事件の謎がさらに深まるなか、新たな死体が発見される。雪で閉ざされた山荘の連続殺人、しかも手記を残した人間が殺されていくという。ついに処女ミステリ長編邦訳。

4.ハイキャッスル屋敷の死 レオ・ブルース
キャロラスは事件捜査の依頼を受ける。校長の友人である貴族が命を狙われているというのだ。数日後の夜、森を歩いていた秘書が射殺される事件が発生。不承不承、現地に赴くキャロラス。捜査の進捗につれて次第に懊悩を深める探偵がやがて指摘する事件の驚くべき真相とは? 英国本格の巨匠による円熟期の傑作。

5.カクテルパーティー エリザベス・フェラーズ
ロンドン郊外の小さな村で、腹違いの弟キットとアンティークショップを営むファニー・ライナム。婚約者、近親者、村人達が集うキットの婚約パーティーの翌日、参加者が謎の急死を遂げた。平穏な日常に忍び込む殺人事件。犯人は誰だ。ミステリ本格黄金時代イギリス女流作家の巨匠、本邦初訳の代表作が今甦る。

6.浴室には誰もいない コリン・ワトスン
匿名の手紙を契機に、ある家の浴室から死体を溶かして流した痕跡が見つかる。住人の男性ふたりは行方不明。地元警察と、特殊な事情によりロンドンから派遣された情報部員が事件解決に向けそれぞれ捜査を始めるが。二転三転する展開の果てに待つ、「死体なき殺人」の真相とは? バークリーが激賞した本格ミステリ。

7.まぼろしの屋敷 (キャンピオン氏の事件簿2) マージェリー・アリンガム
ロンドンの社交クラブで起きた絞殺事件。犯人は“見えないドア”を使って出入りしたとしか思えない。名作「見えないドア」を始めとして、留守宅にあらわれた謎の手紙が巻き起こす大騒動を描く表題作や、警察署を訪れた老人が突拍子もない証言をはじめる「奇人横丁の怪事件」など、本邦初訳作を含むオリジナル短編集。

8.九つの解決 J.J. コニントン
濃霧の夜から始まる死の連鎖。クリントン・ドルフィールド本部長が九つの可能性を検討しながら真相に迫る。化学者としての専門知識を縦横無尽に駆使した本格ミステリ。九つに分類された可能性を検討し、真実を覆い隠す濃霧の如き謎の数々を解き明かせ。本格ミステリの傑作「九つの鍵」が80年ぶりに完訳で登場。

9.闇と静謐 マックス・アフォード
ドラマの生放送中、現実でも殺人事件が──ラジオドラマの生放送中、新進女優のメアリ・マーロウが突然亡くなった。スタジオには内側から鍵が掛かっていたが、数学者にして素人探偵のジェフリー・ブラックバーンは他殺を疑い、独自の捜査に乗り出す。マックス・アフォードの最高傑作と評される長編第三作を初邦訳。

10.傷だらけのカミーユ ピエール・ルメートル
カミーユ警部の恋人が強盗に襲われ、瀕死の重傷を負った。一命をとりとめた彼女を執拗に狙う犯人。もう二度と愛する者を失いたくない。カミーユは彼女との関係を隠し、残忍な強盗の正体を追う。『悲しみのイレーヌ』『その女アレックス』の三部作完結編。イギリス推理作家協会賞受賞、痛みと悲しみの傑作ミステリ。


【国内編:JAPAN】
1.聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた 井上 真偽
聖女伝説が伝わる地方で結婚式中に発生した、毒殺事件。それは、同じ盃を回し飲みした八人のうち三人(+犬)だけが殺害されるという不可解なものだった。参列した中国人美女のフーリンと、才気煥発な少年探偵・八ツ星は事件の捜査に乗り出す。青髪の探偵・上苙は、進化した「奇蹟の実在」を証明できるのか?

2.図書館の殺人 青崎 有吾
試験勉強をしようと学校最寄りの図書館に向かった袴田柚乃は、殺人事件捜査のアドバイザーとして、警察と一緒にいる裏染天馬と出会う。男子大学生が閉館後の図書館内で殺害された事件らしい。山田風太郎の『人間臨終図巻』で撲殺された被害者は、なんとなんと、二つの奇妙なダイイングメッセージを残していた。

3.ジェリーフィッシュは凍らない 市川 憂人
特殊技術で開発された小型飛行船“ジェリーフィッシュ”。教授を中心とした技術開発メンバー6人は、最終確認試験に臨んでいたが、艇内でメンバーの死体が発見される。さらに、自動航行システムが暴走し、彼らは試験機ごと雪山に閉じ込められる。脱出する術もない中、次々と犠牲者が。精緻に描かれた本格ミステリ。

4.涙香迷宮 竹本 健治
明治の傑物・黒岩涙香が残した最高難度の暗号に挑むのは、天才囲碁棋士・牧場智久。いろは四十八文字を一度ずつ、すべて使って作るという、「いろは歌」四十八首が挑戦状。そこに仕掛けられた空前絶後の大暗号を解読するとき、天才しかなし得ない「日本語」の奇蹟が現れる。これぞ暗号ミステリの最高峰。

5.おやすみ人面瘡 白井 智之
全身に“脳瘤”と呼ばれる“顔”が発症する奇病“人瘤病”が蔓延した日本。かつて感染爆発が起きた海晴市で、殺人事件が起きる。容疑者は4人の中学生。さらに、事件の真相を見抜いて死亡した男の身体に発症した、いくつもの“顔”が喋り始め―。幾通りもの推理の先に予想を超える真相が待つ。唯一無二の本格推理。

6.誰も僕を裁けない 早坂 吝
「援交探偵」上木らいちの元に、企業の社長から「メイドとして雇いたい」という手紙が届き、異形の館で連続殺人が発生。一方、高三の戸田公平は、資産家令嬢・埼と出会い互いに惹かれていくが、埼の家に招かれた戸田は逮捕されてしまう。驚愕の真相まで一気読み。エロミスと社会派を融合させた前代未聞の渾身作。

7.真実の10メートル手前 米澤 穂信
高校生の心中事件は恋累心中と 呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリストの太刀洗と合流して取材を開始するが、徐々に事件の有り様に違和感を覚え始める。滑稽な悲劇、あるいはグロテスクな妄執――己の身に痛みを引き受けながら、それらを直視するジャーナリスト、太刀洗万智の活動記録全6編。

8.屋上の道化たち 島田 荘司
まったく自殺する気がないのに、その銀行ビルの屋上に上がった男女は次々と飛びおりて、死んでしまう。いったい、なぜ? 「屋上の呪い」をめぐる、あまりにも不可思議な謎を解き明かせるのは、名探偵・御手洗潔しかいない。「読者への挑戦」も組み込まれた、御手洗潔シリーズ50作目にあたる書き下ろし傑作長編。

9.松谷警部と向島の血 平石 貴樹
必ず解決して、警部のご退職に間に合わせます―とは言ったものの、白石巡査部長は真相解明の糸口を掴めず焦っていた。犠牲者は力士ばかり、現場の共通項から同一犯と思われるが、有力な容疑者は浮かんでこない。迫る松谷警部定年の日。白石が見出した手掛かりとは…。フーダニットの極限に挑むシリーズ第四作。

10.倒叙の四季 破られたトリック 深水 黎一郎
懲戒免職処分になった元警視庁の敏腕刑事が作成した“完全犯罪完全指南”という裏ファイルを入手し、完全犯罪を目論む4人の殺人者。「春は縊殺」「夏は溺殺」「秋は刺殺」「冬は氷密室で中毒殺」。犯人たちの練りに練った偽装工作を警視庁捜査一課の海埜刑事はどう切り崩すのか?一体彼らはどんなミスをしたのか。
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
OK?
0 Trackbacks
Top
CATEGORY
TAG CLOUD
COMMENTS
TRACKBACKS
TRACKBACK PEOPLE
LINKS